LINEでの最新情報はこちらをクリック

【日々更新】山岳救助隊の独り言


※読みたい記事は下記タイトルから飛べます

最新記事(2020年1月1日)

今夏会員制ヘリ山岳救助白馬のNPO


小型ヘリアクト
 


new_a005最新情報はツイッターで毎日更新


 

遭難救助や山岳事故防止に取り組む北安曇郡白馬村のNPO法人「ACT(アクト)」が民間ヘリコプターによる会員制の山岳救助活動を構想している。山岳保険に加入し、ヘリポート近くで救助を待てる比較的程度の軽い傷病者を想定。救助の選択肢の一つとして、北アルプスで今夏から試行する。

 ヘリ運航は朝日航洋(東京都)に委託。軽いけがや体調不良で自力下山が難しい登山者本人がアクトに救助要請し、アクトが救助が必要だと判断した場合、同社の駐機場がある都内か富山県から小型ヘリを飛ばす。ヘリは大町市社(やしろ)でアクトの救助隊員2人を乗せ、要救助者の待つ山上のヘリポートに向かう。

 今のところ離発着の許可を得ているのは常念岳(2857メートル)の常念小屋と白馬岳(2932メートル)の村営頂上宿舎それぞれの近くにあるヘリポート。実質的に、救助できるのはその近辺に限られる。

 利用者は会員登録(無料)し、山岳保険に加入するのが条件。朝日航洋によると、民間ヘリの救助費用は1回200万円前後かかるが、アクトと提携する日本費用補償少額短期保険(松本市)の「レスキュー費用保険」は、保険料4千円で最大300万円を補償する。救助費用は山岳保険会社からアクトに支払われ、アクトはヘリの運行費用を朝日航洋に支払う仕組みだ。

 警察や消防のヘリ救助は無償だが、天候や場所によっては各地区の山岳遭難防止対策協会の隊員が出動する。北ア北部地区遭対協では隊員1人当たり日当3万円と保険料1日約1万5千円を、救助を求めた人に請求しており、天候や時期によっては上乗せもある。

 県警ヘリなどの運用では、靴ずれや軽い疲労でも救助要請があるという。「本来、山では自己責任が原則」とアクト理事長の元村幸時さん(57)。あらかじめ山岳保険料を支払う会員制にすることで、いざという時の備えを怠らず、無理のない計画を立てるといった登山の心構えを再認識してほしい―と事業の狙いを説明する。

 今夏の試行は山小屋に夏山診療所が設けられる7月中旬〜8月末に実施予定。昨年秋に続き、今年春にも訓練を行うという。軌道に乗れば、離発着できる山上のヘリポートを増やしたい考えで、元村さんは「救助の受益者負担を可能にする新しい仕組みをつくりたい」と話している。


スマートフォンのブックマークはこちら
▼LINEでの新着情報はこちらより



 


『登山に関する情報発信』をしています。
 
フェイスブックtwitterLINE@Youtube
 
new_a005登録者数:2020年1月1日現在
 
ツイッター:5244人(前日比+12)
フェイスブック:2379人(前日比+5)
LINEオフィシャル:226人(前日比+11)
Youtube:1002人(前日比+64)
 

 



冬山登山、北アと八ケ岳に相談所開設


北アと八ヶ岳に相談所開設
 

 

北アルプスと八ケ岳連峰の登山口などに28日、冬山登山相談所が開設された。年末に入山する登山者に安全な登山を呼び掛けた。

 松本署と安曇野署、北アルプス南部地区山岳遭難防止対策協会(遭対協)は上高地へ通じる松本市安曇の釜トンネル前と、燕岳に通じる安曇野市穂高の宮城ゲート前に相談所を設けた。県警山岳遭難救助隊員と遭対協救助隊員が登山計画を確認するなどした。

 釜トンネル前から蝶ケ岳などに向かった千葉市の会社員男性(39)は、天候が悪化しそうなため、下山を30日に早めたといい「冬は天気図を見て安全な所にしか行かない」。遭対協救助隊長の山田直さん(58)=松本市中央1=は「ここ数年、冬の訪れが遅いが、天候の急激な変化に注意が必要」と呼び掛けていた。

 諏訪地区山岳遭難防止対策協会と茅野署は、茅野市内にある八ケ岳連峰の登山口3カ所に相談所を設けた。今冬は雪が少なく、岩場から滑り落ちるなどの危険があるという。遭対協は「装備を万全に整え、できる限り複数で入山してほしい」と求めている。

 美濃戸口から友人と赤岳に向かう兵庫県宝塚市の中川和道さん(69)は「岩と氷が交ざった場所にアイゼンを引っかけないように気を付けたい」と話した。

山岳救助隊訓練


山岳救助隊訓練
 

今日から3日間、山岳センターで、長野県警の山岳救助隊による訓練が行われています。

全県から35名の隊員が集結。今日の講師は、日本山岳医療救助機構の大城先生です。

午前中は外傷の部位や程度に応じて固定などの応急処置を施し、その後各班で持ちうる資材を活用して、搬送するという流れでの研修。

要救助者役からの意見も聞き、より良い方法を模索します。

低体温症について


低体温症
 

 
大雪山系旭岳では行方不明となっていた登山者の男性が、12月9日に午前救助されました。
ベテラン登山者で顔や指などには凍傷がみられるものの、テントが強風で壊れたものの自ら雪洞ビバークをして命に別状はないということです。
 
▽体温変化と症状
 
35度 体温下降を防御しようとする「震え」が始まる。皮膚感覚が麻痺したようになる。歩行が遅れがち。
34度 震えが激しくなる。歩行は遅く、よろめくように。眠気を感じる。
32度 手が使えなくなる。転倒する。感情がなくなり、意識が薄れる。
30度 起立不能。思考ができない。筋肉が膠着し、意識が薄れる。
28度 半昏睡状態。脈が弱く、呼吸数が半減。
26度 昏睡状態。心臓が停止することが多い。

単独行:加藤文太郎


加藤文太郎
 

『単独行:加藤文太郎』を受け継ぐ

槍ヶ岳北鎌尾根で遭難死したときは、『国宝的山の猛者 槍ヶ岳で遭難』と報道されました。著書『単独行』は、時代を超えた今でも、登山者の心に語りかける名著です。

先輩の先輩から受け継ぎ発行日は昭和50年3月5日発行を所持しています。

1905(明治38)年、3月11日兵庫県浜坂生まれ。

「不世出の登山家」と呼ばれ、北アルプスの冬期登山を中心に活躍した登山家です。

30歳のときに、槍ヶ岳北鎌尾根で遭難死したときは、

『国宝的山の猛者 槍ヶ岳で遭難』

と報道されました。

後述しますが、当時の登山の常識を打ち破り、単独行で山を歩いたことから、

『単独行の加藤、地下足袋の加藤』

と呼ばれ、一目置かれる存在でした。

新田次郎の小説『孤高の人』では、実名で描かれています。

細部は違うものの、加藤文太郎のことを知るなら、最も手っ取り早い方法です。

また、著書『単独行』は、時代を超えた今でも、登山者の心に語りかける名著です。

当時の登山は、登山ガイド(猟師などの山案内人)を雇って行う、高級なスポーツでした。

裕福な人たちだけがグループを作って、山に入っていた時代だったのです。

そんななか、加藤文太郎は案内人も雇わず、たった1人で登山しました。

現代での単独行は、「団体じゃなくて1人」という人数のことだけをあらわします。

しかし、当時の単独行は、異端とも言える非常識なものでした。

山案内人からは、

「案内も雇わず勝手に山に入りやがって」

と軽蔑の対象にされましたし、他の登山家からは、

「金もなく仲間もいない愚か者」

とバカにされました。

それでも、そのスタイルを押し通したのには、後述する著書『単独行』の序文にかかれている通り、

単独行のほうが安全で優れている登山である

という信念があったからでした。

加藤文太郎は、三菱内燃機製作所で働く、一般庶民のサラリーマンでした。

限られた有給休暇を利用して、山へ向かわなければいけませんでした。

そのあたりも、富裕層の登山家たちとは大きく違う点でした。

加藤文太郎は、初期の頃こそ夏山も登りましたが、やがて、

「山の素晴らしさは冬山にある」

と自分のフィールドを制限しました。

夏は休みを使わず仕事に専念し、すべての休みを正月休みに投入して、冬期の縦走を成し遂げたのです。

彼の登山の初期、住んでいた須磨から宝塚まで六甲山を縦走し、また歩いて須磨に帰っています。

早朝から夜までで、100kmに及ぶ距離を歩いたといいますから、驚きです。

現代ではトレランレベルと言っていいでしょう。

また、加藤文太郎は、冬期のビバークはしましたが、テントは持たない登山家でした。

山小屋から山小屋へ移動するには、人並み外れたスピードで歩かなければ到達できないために、当時は他の誰も出来ないことだったのです。

加藤文太郎は、驚くべき健脚でしたから、山小屋間の距離をつないで計画することが出来ました。

結果、全人未踏の縦走記録が達成されたのです。

何度か冬山で、着の身着のままビバークしたことがあります。

その経験から、彼は、

「温かいものでお腹を満たして、雪穴に潜り込めば、眠っても必ず目覚める」

ということに気づいたといいます。

当時の常識では、冬山で眠ったら危険という考えでしたが、彼は自分の経験と研究によって、常識を打ち破っていったのでした。

腰を据えて食事をとるのではなく、歩きながら、上着のポケットに入れた「小魚と甘納豆」を常に食べていました。

これも、彼の登山から停滞時間をなくし、快速を生み出した1つの要因かもしれません。

他にも、揚げた餅や煎餅なども利用したと言われています。

小説では、後輩の宮村に半ば強引に誘われて、彼が心配で付いていくことになります。

そして、単独行を貫いてきた彼が、

「最初で最後、唯一のパーティーで挑んだ登山」

として描かれています。

単独行者の彼の個性を際立たせ、

「初めて主義を曲げて挑んだ結果、パートナーに足を引っ張られて遭難した悲劇」

と表現されているのです。

しかし実際は、彼は何度かパーティーで登山をしていますし、パートナーの吉田氏には絶対の信頼をおいていました。

むしろ、岩や氷の登攀においては、吉田氏に頼ることが多かったようです。

北鎌尾根の前に行った前穂高岳北尾根山行では、

「私が岩壁登攀に手間取ったために、吉田氏に凍傷を追わせてしまった。申し訳ない」

と語っています。

北鎌尾根でも、吉田氏の登攀能力を頼りにして、同行をお願いしたというのが真実のようです。

小説とはいいながら、加藤文太郎のパートナーというだけで、ダメ登山家に勘違いされている吉田氏は、なんだかかわいそうです。

加藤文太郎は、吹雪の中槍ヶ岳から北鎌尾根の踏破にチャレンジして、遭難してしまいました。

慎重な彼が、なぜこのときに限って、吹雪の中強行してしまったのかは謎で、くわしくわかってはいません。

しかし結果として、北鎌尾根を少し進んだところで滑落して、天上沢に落ちてしまいます。

彼らは北鎌尾根から滑落後、元の場所に戻ることは出来ず、吹雪の中なんとか北上します。

脱出ルートの先には、小屋があり、そこまで行けば生還できる見込みでした。

しかし残念ながら、まず吉田氏が力尽きてしまいます。

加藤文太郎はそこに目印として自分のピッケルを刺し、1人で北上を続けます。

しかし、ほんの200mほど進んだだけで力尽き、死亡してしまったのです。

小説では、足手まといのパートナーを最後まで見捨てずに看取り、死亡した後に1人で脱出を試みて叶わずという表現になっています。

真実はわかりません。

ただ、2人が一緒に助かろうと、最後まで力を合わせたことは間違いがないと思います。

加藤文太郎が生きた時代には、軽量な装備、ゴアテックスなどがありません。

もし、彼が現代に生まれたとしたら、それらの装備に身を包んで、もっと速く軽快に山を歩いていたことでしょう。

当然、海外の山々にも挑んだでしょう。

彼は岩や氷の登攀は苦手だったといいますから、アルパインクライミングの世界に入っていったのかどうかはわかりません。

ただ、彼の強い信念と体力、工夫する能力で、私達が考えないような登山をしていたのではないかと、個人的には思っています。

アイゼンの研ぎ方


アイゼン研ぎ方_R

初心者

冬山シーズンに向けて

アイゼンの研ぎ方を

教えてもらえませんか?

これまでにアイゼンを

研いだことはありますか?

まやまブログ

初心者

ありません。

研ぐための道具も

わかりませんので教えてください。

最初に爪の状況を確認してください。

参考までに研いでも

使用不可に近い場合もあります。

アイゼン1

まやまブログ

アイゼンを研ぐために

使用する道具は

鉄ヤスリ、作業用手袋、布が

必要となります。

スチールの特性を損なう

熱の発生を避けるため、

電動グラインダーではなく、

鉄やすりを使用して手で研ぐようにします。

まやまブログ

初心者

研ぐ際にコツがありましたら、

教えてください。

外せるパーツは全て外します。

研ぐのは刃の側面部分で

側面と正面の角度が90度になるようにします。

これ以外の部分を研ぐと

強度が落ちるので注意しておきます。

また、引くのではなく押して研ぎます。

アイゼン2

まやまブログ

初心者

研ぐ際に注意する点はありますか?

片方の手で固定がしっかりできる

場所でないとかなり大変です。

滑って怪我をしやすいことは

もちろん時間もかかってしまうためです。

片方で2時間程度を要すこともあります。

ベンチや机の角を利用しますと

安定します。

また、研ぐ音は意外と大きいので

室内、屋外にかかわらず、

騒音には注意が必要です。

まやまブログ

初心者

アイゼンのサビは落ちますか?

また、錆びないようにメンテナンスするには

どのようにすれば良いですか?

サビがある場合は、

柔らかい布に液体研磨剤をつけて、

こするように磨くと頑固なサビも

落ちます。

また、メンテナンスとして、

仕上げにサビ防止の

シリコーンオイル

金属部分に塗ります。

まやまブログ

初心者

おかげさまで

アイゼンの研ぎ方がわかりました。

有難う御座います。

剱岳に山岳警備隊派出所


番場島警備派出所
 

北アルプス・剱岳(2999メートル)方面への冬山登山に備え、上市署馬場島警備派出所(上市町伊折、約750メートル)の開所式が2日、近くの「馬場島家族の森」で行われた。県警山岳警備隊員ら関係者約20人が、安全かつ迅速な対応ができるよう決意を新たにした。
剱岳では、去年12月に2人が遭難し、悪天候に阻まれて7日後に救助されている。馬場島警備派出所には、来年5月15日まで3人ほどの隊員が交代で駐在し、登山のピークを迎える年末年始は早月小屋と2か所を8人体制で警備にあたる。
派出所は来年5月15日まで開き、登山届に応じて隊員が交代で勤務する。登山者が多くなる年末年始は、早月小屋(2200メートル)と派出所の2カ所で最大8人が待機する。石川仁分隊長は「大量の降雪や長期の悪天候など冬山の特性を理解し、余裕を持った日程、装備、食料で入山してほしい」と呼び掛けた。

富士山・八ケ岳届け義務化


山梨山岳遭難
 

山梨県は県内で冬に登山する場合に届け出を義務付ける条例を12月1日から施行する。毎年、12月1日~翌年3月31日に、標高の高い富士山や八ケ岳、南アルプス山系に登る人を対象とする。
ただ富士山の場合は3千メートル以上の高さまで行く人に限定。冬の富士登山などを巡っては滑落事故が課題となっており、安全確保を強く意識させるのが目的。罰則はない。条例は、対象となる山に登る際に名前や住所、行程、緊急時連絡先などについて
知事に届け出ることを義務化。県に対しても啓発活動や登山道の安全確保を求めた。山梨県内の山で、ことし、遭難が相次いでいるのを受け、警察は、27日、山岳遭難対策について民間のアドバイザーから意見をもらいながら考える検討会を初めて開いた。警察によりますと、ことしに入って26日までに県内の山で起きた遭難件数は158件で、178人が遭難し、このうち30人が死亡。
これは、県内の山岳遭難が過去最多となった平成29年を上回るペースとなっている。
こうした中、警察は、27日、県の山岳連盟の役員など山岳救助に関するアドバイザー5人から意見を聞き、遭難対策や救助体制の強化方法などについて考える検討会を初めて開いた。
はじめに、山梨県警の原幸太郎本部長が「遭難防止対策や救助隊員の技能の向上は県警の重要な課題だ。山梨県警が今後行うべき対策についてきたんのない意見をいただきたい」とあいさつした。
その後の会議は非公開で行われたが、警察によると、アドバイザーからは、遭難者の9割近くを県外の登山者が占めていることから、県外に対する情報発信をより強化すべきとか、救助隊員の装備をより充実させるために予算をつけるべきだなどの意見が出されたとのこと。
山梨県警察本部山岳警備安全対策隊の宮城隆栄隊長は「登山者の安全を守り、遭難を1件でも減らすために、今後はより厳しい指導や情報発信をしていきたい」と話した。

山岳救助優良警察職員表彰

富士宮署山岳救助隊長で、入職以来、三十年近く山岳救助に携わる。「警察官としては特殊な経歴だが、活動を理解していただきうれしい」と喜ぶ。

 学生時代にアルバイトした北アルプスの山小屋で山岳救助隊の仕事を知り、あこがれた。一度は民間企業に就職したが、故郷に戻り夢をかなえた。

 救助は一般的な警察官に比べ、直接感謝されることが多く、自身の喜びにもつながる。一方で、捜索し切れず「もっとやりたかった」と悔やむ案件も多い。訓練中に雪の斜面を四十メートル滑落し、大けがをしたこともあるが、やめようとは思わなかった。「事故がその後の対策として生かされることになれば」と前向きにとらえる。

 スマートフォンなどで情報収集し「わかったつもり」の若手隊員も多い。「自然が相手。マニュアルは通用しない」と実地経験蓄積の重要性を説いている。


スマートフォンのブックマークはこちら
▼LINEでの新着情報はこちらより

長野県9人死亡防災ヘリ事故


 
アルプス鉢伏山墜落
 

おととし長野県の防災ヘリコプターが墜落し9人が死亡した事故で、死亡した機長が墜落する可能性を予測できたのに、回避するための操作を行わなかったなどとして、警察は26日機長を業務上過失致死などの疑いで書類送検しました。

おととし3月、長野県松本市の山中に県の防災ヘリコプターが墜落し、乗っていた機長や整備士、それに消防隊員の合わせて9人全員が死亡しました。

この事故で警察は26日、死亡した岩田正滋機長(当時56)を業務上過失致死などの疑いで書類送検しました。

警察が飛行中に隊員によって撮影されたビデオの映像を解析するなどした結果、機長は機体が徐々に山の斜面に近づき、墜落する可能性があることを予測できたのに、旋回したり高度を上げたりといった回避するための操作を行わず墜落させた疑いがあることが分かったということです。

一方、運輸安全委員会は、去年公表した調査報告書で、機長が回避する操作を行わなかった理由について、瞬間的な眠気によって集中力が低下し、地上への接近に気付かなかった可能性があると指摘しましたが、警察は捜査で詳しい理由は明らかにできなかったとしています。

機長は身体検査の際に病歴や医薬品の服用について必要な申告をしていなかったとして、ことし9月、航空法違反の疑いで書類送検され、不起訴となっています。

遺族「安全管理の徹底を」

死亡した機長が業務上過失致死などの疑いで書類送検されたことについて、事故で死亡した消防隊員の小口浩さん(当時42)の父親の貴史さん(71)は、NHKの取材に対し「機長は搭乗者全員の命を預かっている立場であり、事故が起きないよう最大限の注意を払ってもらいたかったです。あの事故がなければ、息子は、先月の台風の救助活動で活躍していたかもしれません。息子はかえってきませんが、事故が二度と起きないよう安全管理を徹底してもらいたいです」と話しています。

冬山遭難や事故防ぐ対策会議


 
富士山遭難対策会議
 

本格的な冬山シーズンを迎えるのを前に、冬山の遭難や事故を防ぐ対策会議が11月20日、御殿場市で行われました。
 10月、富士山頂付近で登山する様子を動画でライブ配信していた男性が滑落して死亡しました。当時、富士山は閉山期間中で、男性は登山計画書を提出していませんでした。
 こうした事故を防ぐため開かれた冬山遭難防止対策会議には、御殿場市や小山町の担当者、警察などが出席し、事故の発生件数や事故防止のための活動計画などが報告されました。
「冬の富士山は綺麗で穏やかに見える。ただ一歩足を踏み込めば想像を絶する世界がある。風が強く、氷が硬いですとか、滑りやすいということが言える」(若林洋平御殿場市長)
 今後、年末年始にかけさらに事故の危険が高まるということで、警察や山岳会などはパトロールで注意を呼びかけるということです。

長野県北アルプスの玄関口 上高地で閉山式


上高地に通じる県道

北アルプスの玄関口、上高地で観光シーズンの終わりを告げる閉山式が行われました。

松本市にある上高地では、春から秋の観光シーズンの終わりの時期に合わせて毎年11月15日に閉山式を行なっていて、15日は、市や地元の観光関係者などおよそ400人が集まりました。
河童橋のたもとで行われた式では、穂高神社の神職が祝詞をあげたあと、出席者たちが玉串を奉納し、ことしのシーズンの安全に感謝するとともに来シーズンを無事に迎えられるよう祈りました。
市によりますと、ことしは夏から秋にかけて悪天候に見舞われたうえ、先月の台風19号では、関東方面からの交通網に影響が出たことから、先月末までに上高地を訪れた人は118万人余りと、去年の同じ時期と比べておよそ1万人減ったということです。
一方、上高地を訪れる外国人観光客は去年を上回ったということです。
上高地観光旅館組合の小林清二組合長は「来年は東京オリンピックがあるので、世界中から観光客を呼び込めると期待しています」と話していました。
上高地に通じる県道は、15日午後7時から来年4月中旬まで閉鎖されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。