LINEでの最新情報はこちらをクリック

【まとめ・最新情報】登山ニュース速報・山岳救助隊まやまブログ(2019年遭難滑落)

山岳遭難


※読みたい記事は以下のタイトルをクリック

最新情報/ニュース速報(2019年11月13日)


new_a005最新情報を毎日更新してます
ツイッターはこちらをクリック
 
 
スマートフォンのブックマークはこちらを参照
 

富士山頂から配信中700m滑落、高速で岩に衝突し続ける(2019年11月13日)


 

 


 
ニコ生富士山i遺体発見場所
 

静岡県警は12日、10月30日に富士山の7合目付近(標高約3000メートル)で見つかった身元不明の遺体について、東京都新宿区西早稲田の塩原徹さん(47)と判明したと公表した。状況から十分な装備をせずに冬の富士登山を強行していたとみられる。今回のように7~9月の開山期以外に登って遭難するケースは後を絶たず、県や県警は安易な入山を控えるよう呼びかけている。

 御殿場署などによると、塩原さんは、10月28日午後、自らが富士登山する様子を動画撮影し、インターネットに生配信していた際に、滑落したものとみられる。その時とみられる動画では、男性が実況中継をしながら雪山をゆっくりと歩き、「滑る」と叫んだ瞬間に滑落する様子が映っていた。

 ネット上はすぐに騒然となり、静岡、山梨両県警に通報があった。県警の山岳遭難救助隊は2日後に雪に埋もれた状態の遺体を発見した。身元を特定できる所持品がないほか、遺体の損傷が激しかったこともあり、身元の割り出しに時間がかかったという。

 塩原さんの遺体は、衣服もぼろぼろの状態だった。山頂付近から700メートルにわたって高速で滑落し、岩などに体を衝突させ続けたとみられる。署の幹部は「冬の富士登山ができるような装備ではなく、軽装だったようだ」としている。

 県警地域課によると、富士山静岡県側での閉山期の山岳遭難の件数は、2013年以降、9~19件で推移し、1~6人が死亡している。今年も10月31日現在で、今回の遭難を含めて7件発生している。13年1月には登山経験のない若い女性2人が、普段着にスニーカーで富士山に入った。体調不良で自力下山ができなくなり、山岳遭難救助隊が救助した。

 県警などは、閉山期の登山を控えるよう呼びかけているものの、「自己責任」の登山が黙認されているのが現状だ。世界文化遺産として13年に登録されたことを機に、観光スポットとしての人気も高まっており、外国人の入山も多い。このため県などは、冬場の登山の危険性を周知するパンフレットなどを配布している。

 閉山期に登る理由は、海外の山々に挑む登山家の訓練や、周囲に人がいない富士山を楽しむことなど様々だ。富士宮市小泉の登山用品店「ATC Store」の芦川雅哉店長(48)は、「SNSなどで(冬季の)富士登山の様子を目にする機会が多くなった」と指摘する。そのうえで、「十分な装備をしていたとしても、滑落してしまえば遮る木もなく、止まることがない。夏と違って周囲に助けてくれる人もいない」と危険性を訴えた。

 県警山岳遭難救助隊の坂上雅信副隊長は、「冬の富士山は特に風が強く、経験者でも非常に危険だ。夏と冬の富士山は完全に別物で、閉山期の登山は自粛してほしい」と呼びかけている。
 
出典元:Yahooニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00050300-yom-soci
 
最新情報はツイッターで配信しております
 

初心者

ピッケル、アイゼンはうつっていない。

また、滑落した直後の映像では

自身の足が映っていますが、

ハイカットの登山靴ではなく

軽登山靴または運動靴。

スパッツなしと

登山家の視点で分析されてますが。

おっしゃるとおりですね。

ただ、登山装備も

もちろん大切ですが

やはりまず先に

10月末の富士山に

行くことを控えるべきだった

と思います。

登山計画の時点で山での

リスクがはじまっていたかと。

いろいろ考えらさせれる

山岳事故となりました。

まやまブログ



富士山ライブ配信滑落死事故の身元確認 新宿在住の47歳無職男性(2019年11月12日)

富士登山の動画をインターネットでライブ配信していた登山者が滑落したとみられる事故で、静岡県警は12日、10月30日に富士山7合目付近で発見した遺体は東京都新宿区の無職の男性の塩原徹さん(47)と判明したと発表した。死因は滑落による損傷死。県警は「必要な鑑識活動で身元を確認した」と説明している。ライブ配信に使われたサイトのアカウントは男性のもので、都内から富士山五合目に向かうバスの乗車券の写真などが投稿されていて、実際に塩原さんが高速バスの乗車券を購入した履歴があった。県警は男性が山頂付近をライブ配信中に誤って滑落したとみている。登山者が滑落する動画は10月28日午後2時半ごろに流れ、静岡、山梨両県警に通報が相次いだ。両県警はヘリコプターなどで捜索し、静岡県警の救助隊が遺体を発見した。富士山は閉山期間中だった。一部報道によると、警察は映像を配信していた男性が塩原さんだったとみて、詳しい状況を調べているとのこと。本人のものとみられるツイッターや動画配信サイトでは、司法試験の合格を目指していると自己紹介され、何度も富士山に登る様子などがライブ配信されていた。静岡県警察本部山岳遭難救助隊は、登山中のライブ配信など注意力が散漫になる行為は行わないよう求めています。



富士山スカイライン冬期閉鎖、非常に危険登らないで(2019年11月7日)


 
富士山スカイライン閉鎖
 

冬に危険度が増す富士山で無謀な登山を止めるための意味合いも込められています。富士宮口五合目に通じる富士山スカイラインが11月7日午後、冬期閉鎖されました。
富士山スカイライン登山区間の入り口では、車の進入を防ぐためにガードレールやコンクリートの塊を使ったバリケードが築かれました。冬の間、閉鎖されるのは二合目から富士宮口五合目までの区間で、これからの季節は積雪や凍結による危険性が高まる場所です。富士山を巡っては10月、山頂付近で動画をライブ配信していたとみられる男性が滑落して死亡する事故が起きています。
 
「今後、冬山は非常に危険ですので登らないようにお願いします」
(県富士土木事務所維持管理課・主田義也課長)
 
富士山では須走口と御殿場口に通じる県道も11月下旬に閉鎖される予定で、2020年のゴールデンウィーク前に再びスカイラインは開放される予定です。



富士山登山動画の男性が守らなかった3つのルール(2019年11月2日)

 
(2019年11月2日8時追記)
 

10月28日、富士登山の様子を動画でライブ配信中に、撮影者の男性が山頂付近で滑落。男性の捜索は同30日朝から再開され、残念ながら遺体で見つかった。
 
「男性はこれまで数回、富士登山をしていたようですが、動画を見る限り防寒対策もできていないアマチュア登山者でしょう。富士山は現在、7合目付近まで積雪し、滑りやすい状態。視聴者のウケを狙ったのかもしれませんが、装備も整えず、スマホ片手に動画を撮りながら登っていたとしたら、無謀すぎますよ」(地元メディア関係者)
 
 富士山は9月10日に夏山シーズンが終了し、現在は閉山中だ。登山道も閉じられている。ところが、期間外にも登ろうとする無謀な登山者は後を絶たないらしい。

 だから「富士山における適正利用推進協議会」(事務局=環境省、山梨県、静岡県)では、夏山期間外のガイドラインを設けている。
 
①万全な準備をしない登山禁止
 
②登山計画書の作成・提出
 
③携帯トイレ持参
 
といった3つのルールがあるが、「あくまでガイドラインで、罰則規定はありません」(静岡県富士山世界遺産課担当者)。
 
 期間外は登らないでくださいという“お願い”みたいなものだから、亡くなった男性のような登山者が現れるわけ。

 環境省の調査では、富士山の登山者数は2016年=24万5675人、17年=28万4862人。例年20万~30万人が登っているが、これは夏山期間中の数だ。

「各登山道に設置してある赤外線カウンターは、閉山すると外してしまうので、期間外の正確な登山者数は分かりません」(前出の担当者)というが、期間外の遭難事故は決して少なくない。

「富士登山オフィシャルサイト」によると、富士山の16年の遭難者数は111人で、うち42人が期間外。17年は83人中29人で、死亡者数にいたってはそれぞれ10人中8人、7人中7人と、死亡事故はほぼ期間外に起きている。

 同サイトでも〈富士山は標高3000メートルを超える高山〉〈決してやさしい山ではありません〉と注意喚起しているが、それほど期間外の富士登山は危ないのだ。
 
「滑落したとみられる男性は登山計画書も出しておらず、さらに危険な単独登山だったようです。ライブ配信しているから何か起きても大丈夫と、高をくくっていたのかもしれませんが、いずれにせよ、3つのルールのいずれも守っていなかった可能性が高い」(警察関係者)
 
富士山ではありませんが、

滑落して助かるケースも過去にあります。

南アルプス・聖岳の北斜面で

滑落した会社員男性は、

4日後に奥赤石沢で

動けなくなっているところを

救助されましたが、

そこは、滑落場所の稜線から

1キロほども下にあるところでした。

男性が左足を骨折しても助かったのは、

運だけではなかったらしく

猛スピードで落ちながらも、

身に着けたピッケルを雪に刺して

滑落をストップさせるのに成功しました。

その後も、ザックに

入れたシュラフや食糧を

頼りにビバーグして

夜を明かしていたとのことです。
 
出典元:@niftyニュース
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12136-453243/



富士山ニコ生で登山配信中に滑落の男性か 遺体発見との報道(2019年10月30日)


 
富士山滑落遺体見つかる
 

 
(2019年10月30日15時追記)
 

ニコニコ生放送での登山配信中、富士山頂付近から男性が滑落したとみられていた件で、

静岡県警は10月30日、

身元不明の遺体を発見したと発表しました。

山頂付近から標高差約800メートル下の

7合目(標高約3000メートル)で発見されており、

遺体が配信男性かどうかはまだ不明で警察が身元の確認を進めている。

御殿場署によると、

遺体は、ほとんど雪に埋まった状態で、衣服が破れ、全身の損傷が激しく、高い所から滑落したとみられる。リュックサックが近くに落ちていたが、性別は不明で身元を確認できるものは見つかっていないとも報じられている。

静岡県警によると、

捜索中の山岳遭難救助隊が13時43分ごろに発見したとのこと。

7合目の山小屋「大陽館」から南に約800メートル離れたところで、

ここから山頂までは平均的な人が歩けば4時間はかかる距離だった。

男性は10月28日、

ニコニコ生放送で富士登山の様子を配信していたところ、

山頂付近で足を滑らせ、

その後安否不明に。

滑落の様子が生配信されていたことから、

ネット上では心配する声が多くあがっていました。

男性の配信アーカイブは現在、見られない状態となっています。
 



(2019年10月29日18時追記)
 
29日午後、静県県警は山梨県警とともにヘリコプターで捜索。

静岡側の富士山7合目付近に滑落したような跡が見つかったため、

救助隊を出動させたが、男性は捜索でも見つからず、

悪天候のため午後5時ごろに捜索を打ち切った。

30日午前7時からヘリコプターなどを使って再開する。

アカウントの情報などから滑落したとみられる人物の特定を急いでいる。



 
(2019年10月29日追記)
 
28日、インターネットで動画を配信しながら登山していた男性が滑落した恐れがあるとして、山梨県の消防防災ヘリなどが捜索したが発見できず、

29日朝から静岡県警の山岳遭難救助隊員10人が山中を捜索している。
男性は動画配信サービス「ニコニコ生放送」を利用し、「富士山へGO」のタイトルで自らの登山をライブ配信していたが、山頂付近で「滑る」と叫んで落ちる様子が映し出された直後に配信が止まった。動画を見た人が110通報した。

富士山は雪が積もっているのが上空などから確認され、甲府地方気象台が初冠雪を発表するなど冬山の時期に入っている。男性は動画で「指が冷たい」などと話しており、軽装だった可能性がある。

男性のニコ生やツイッターによると、

男性は、2019年に入って、すでに4回ほど富士山に登っていた。

閉山期間の5月にも雪が残る中で登る様子を報告している。

今回は、東京・新宿からバスで富士山5合目まで行き、

山梨県側の吉田口から登頂していたようだ。
 



(2019年10月28日追記)
 
 
『富士山滑落 みんな心配してるぞ!』
 
 

この方、無事であればいいのですが、登山届を提出してあるのでしょうか?
もし、登山届を提出せず、軽装という無謀な登山となると、完全に自己責任です。
入山料を払わない、登山届を提出していない、装備が不十分と指摘されたのに無視して登山して遭難などした場合、自己責任として救助隊は出動しないとしたい。
それでも救助を要請してきたら、救助にかかった費用は後日請求されることを認めさせてから救助に向かうなど、登山のルールを守る守らないで、差別化したほうが良いでしょう。
こっちの命のほうが危ないと言う場面に何度も遭遇しました。それでも救助隊は救助しに行ったのです。
救助隊は口には出さないけど本心は「勘弁してくれよ」だと思います。
カメラ片手に周りを映しながら歩いていて、踏み外したのかな?
登山って注意しないと命に関わるから、集中した方が良いと思う。
救助隊の方、大変でしょうが気をつけて活動してください。
このような場合、捜索した分の費用を後日、本人に請求するべきだ。
といっても、生存していればの話だが。
台風や地震など、自然災害により行方不明になったのであれば、警察・消防・自衛隊の協力は欠かせない。もちろん、公務員だから、一定期間は無償で行われるだろう。
だが、今回はいわば本人の不注意によるものだ。
もっと言えば、余計な仕事を救助隊に強いることになった。
捜索した人数、時間(日数)を勘案して、捜索費用を請求できるようにしたほうが良い。

うちの方の自治体でも、今登山道を通行止にしているんだけど。

連日のように、ハイカーが入山していく。

パトロールしている立場からすると、あまり好ましい状況とはいえないんだけど。

それを禁止する立場にはないので、注意を喚起する声かけはできなくもないが放置するしかない(無駄なのでしていない)。

それ自体は自己責任で構わないのだが。

問題は、こうしてニコ生やツイッター、インスタ、Youtube、その他登山者向けのSNSに、

通行止めされた登山ルートを踏破したと自慢する、レポートが尽きない。

それを見て、通行止を無視する輩が殺到してきて…

このような遭難騒ぎに発展するのだが。

なぜ、通行止なのか?それは危険だからなのだが?

それは救難救助に向かわなければならない隊員や協力者も同じこと。

一部の身勝手な輩のために

二重遭難のリスクと背中合わせの救助活動をしなければならなくなる。

富士山は気軽に登れるイメージがついてしまってるけど、日本一高い山ということを忘れてはいけない。しかも、あの山の形のとおり、遮るものがなく、冬はアイスバーンで滑ったら一気に下まで転げ落ちる。とても危険な山なので、閉山したら素人は登るべきではない。
とにかく、無事に生還されることを願います。

冬の富士山は単独峰ゆえに遮るものがなく、強い風が吹き付ける中アイスバーンを進んでいかないといけないから、夏と比べ物にならないくらい危険。

スマフォやタブレット類が進歩して、メールしながら、SNSへ発信しながら他のことをする人が増えています。
自分を危険にさらすことは自己責任でしょうが、他人を事故に巻き込んだり、今回のように救助に来てもらったりと他人を危険にさらすのはおかしい。
法令とインフラの整備を早急に確立しなければいけませんね。

既に閉山している富士山に登山してまでネットでの生中継をしようとする気持ちには理解できない
たまたまネットでの生中継を見ていた人から滑落したのではないか?という情報があったそうだが、もしもネットを見ていた人がいなかったとしたら誰も気が付かなかったのではないかと思う
分かりやすく言えば非常に無謀な冒険であり、仮に成功したとしても後になって処罰の対象となる案件である
軽々しく命を無駄にすべきではないとつくづく思った。



 
(2019年10月28日追記)
 

専門家は「富士山に登ることがインターネット生放送する人たちの間で一種のブームになっている。自分の配信を面白くしたい、見ている人をたくさん集めたい、人気になりたい、そういう気持ちで厳しい冬山に挑戦したのかもしれない」と話しています。地元の警察は「冬の富士山は足場も悪く、気温も氷点下で厳しい環境のため、安易な登山については絶対にやめてほしい」と話しています。

男性の可能性がある遺体発見が報じられると、まだ身元は確認されていないものの、ツイッターやネット掲示板などでは、「本当にそこまで滑っちゃうのか…」「こんな結果になってしまったのは残念」とため息が漏れた。一方で、「下調べもせず あまりにも無謀だった」「そうまでして生配信の視聴稼ぎたかったのか?」「この件を教訓に登山の厳しさが改めて認識されると良い」との意見も書き込まれている。

「あっ、滑る!」。この言葉を最後に映像は乱れ、途切れた。10月28日、動画配信サービス「ニコニコ生放送」で自身が富士山を登る様子を実況中継していた男性が頂上付近で滑落し、静岡県警の山岳遭難救助隊が30日、男性とみられる遺体を発見した。

 男性のハンドルネームはTEDZUさん。10月28日午前10時30分ごろからニコ生で「雪の富士山へGO」と題し、山梨県側の富士山吉田ルート登山口5合目から、自身が登る様子を配信していた。滑落したのは午後2時30分すぎのことだ。標高が高くなり、空気が薄いせいか息遣いが荒い。「手の感覚がない」「カイロ持ってくればよかった」など、手が思うように動かない様子だ。「道合っているの?これ、相当埋まっているんだけど、雪で」。そうつぶやき、一歩前に出た瞬間、滑った。

 富士山は10月22日、平年より22日遅れて初雪が観測されたばかり。9月上旬に夏山シーズンは終わっており、閉山している状態だ。山梨県の県民生活部世界遺産富士山課によれば「夏季を過ぎると吉田口自体を閉鎖するため、登山道は開通していないという認識。バリケードを設置するなどして入山を規制している」(担当者)という。

 だが、冬の富士山に登る人は一定数いる。そのため山梨県では2017年に、夏山期間以外に登山をする場合は、警察などを通じて行政側に「登山計画書」などの届けを提出することを登山予定者に求める条例を制定した。計画書では、連絡先、登山メンバー、日程、装備などを詳しく記すため、万全な準備をせずに登ろうとする登山者は排除される。ただし、登山計画書を出さずして入山しても特に罰則はない。

 「カイロ持ってくればよかった」と後悔しているくらいなので、TEDZUさんは冬山登山に必要な装備をきちんとしていなかったとみられる。動画の会話からは、フリース地のジャケット、デニムのズボン、軽登山靴と、だいぶ軽装であったこともうかがえる。滑り止め防止のアイゼンや、氷雪の中で足場を構築する際に必要なピッケルも持っていなかったようだ。

 富士山の適正な利用推進を目的に、関係省庁や自治体などが組織した「富士山における適正利用推進協議会」が19年3月に作成した資料によれば、16年は10人、17年は7人が富士山の登山で命を落としている。うち、夏山期間外の死亡者はそれぞれ8人と7人だった。死亡者のほとんどが冬山登山ということになる。シーズン外の富士山登山は、経験豊富な登山者の命すら奪う。そんな中、軽装での登山は危険極まりない行為といえる。

 警察庁が発表した資料によると、日本国内における山岳遭難の発生件数は年々増えている。18年は遭難件数が2661件、遭難者数は3129人と、09年の1676件、2085人と比べても大幅に増えた。年齢別で見ると、遭難者のうち8割近くが40歳以上で、60歳以上が全体のおよそ半分を占めている。若年層に比べ、比較的時間に余裕のある中高年層が山登りに行き、トラブルに見舞われていることがデータからは浮かび上がる。

 ちなみに、救助にかかる費用は、警察や消防、自衛隊といった公的機関のヘリコプターレスキューに関しては無料。民間に委託する場合は費用が発生する。日本山岳救助機構合同会社のサイトによれば、1時間当たり46万5000円だ。かかるのはヘリコプターの費用だけではない。これに、捜索に関わった人の日当や保険、装備、交通費もかかってくる。少なく見積もっても1回の遭難で、総額100万円レベルの費用が発生するとみてもおかしくない。

 美しい景色や珍しい動植物、登頂後の達成感などを求めて人は山に登る。だが、自然は時に、想像以上に恐ろしい顔を見せる。登山をする際は、自身の体力を過信せず、万全の準備で臨みたい。

冬山登山の富士山は、強風も吹いて特に危険だとされており、装備を固めた山のベテランらでも、度々滑落事故が起きている。



富士山の頂上からニコ生配信中に滑落して放送停止(2019年10月28日)

 
(2019年10月28日追記)

現在までのところ、TEDZUさんの安否について情報は入っておりません。
本人のTwitterアカウントも更新がない状態で止まっており、
事故を知った多くの方が心配のコメントを寄せる事態となっています。
 
TEDZUさん滑落までの状況を時系列でまとめます。
 
2019年10月28日 冬の富士山へ登頂
 
10時26分 富士山に到着、登山を開始。
10時30分 ニコ生の放送開始。
14時30分 山頂共同トイレ(吉田口・須走口側)付近に到着。
14時38分 TEDZUさんが氷雪で足を滑らせ滑落。
14時39分 配信が停止
 
TEDZUさんとは
TEDZUさんはニコ生配信者。
2015年7月22日、ニコニコ動画上に『高田馬場法律問題研究所』というチャンネルを開設。
登録タグには「マラソン」や「司法試験」「自転車」といった単語が並んでいます。
どういった経緯かは分かりませんが、9月で閉山し、冠雪したシーズンオフの富士山の登頂を思い立ったようです。
ニコ生配信ではその登山の様子を配信。今回の事故の瞬間までライブ配信されていました。
TEDZUさんのTwitterアカウントには2019年10月28日 10時26分のコチラのツイート以降、更新がありません。
TEDZUさんが滑落し、動画の配信が途絶えた後、
動画を視聴していた人が事故についてSNS上で拡散しました。
ニコニコ動画で生放送中に富士山から滑落したとTwitter上で心配の声が寄せられています。
Twitter上には男性(司法試験浪人生)が滑り落ちていく様子の画像が投稿されています。
生配信を視聴していた方が、
「富士山の頂上から滑落している」として動画と画像をツイートしています。
男性は、司法試験浪人生のようでニコニコ動画で動画を配信していたようです。
 
滑落した男性のTwitterが特定されていました。
@TEDZU_lawというアカウントのようです。
そのアカウントには、東京から富士山へ向かっている様子も投稿されています。
それらの拡散情報を見た多くの人が警察へ通報・救助を要請しています。
しかし事故の発生が昼過ぎの15時頃と遅い時間だったこともあり、
山岳救助のプロでもその時間から山頂付近まで救助に行くのは困難だと判断。
翌日2019年10月29日以降に救助へ向かう事となっています。
動画では、登頂中もTEDZUさんはしきりに「風が強くて寒い」「手が冷たい」とコメントしており、またアイゼンやピッケルなどの冬山の必須装備も持たない軽装だったことがわかっています。
この時期、極寒となる富士山頂付近。一刻も早い救助が待たれます。
装備の近代化が進み、登山がカジュアルになりましたが、そもそもシーズンオフで閉山されている雪山へ、単独で、軽装備で向かう事はリスク以外の何物でもありません。
動画配信が一般的になったとはいえ、このような衝撃的な映像がライブ配信されることになってしまったのは非常に複雑な思いです。刺激を求めたり、視聴者の欲求に応えるためにこのような動画撮影が行われたわけでないと信じたいですね。




 


 


初心者

野口健さんが

富士山登山滑落のニュースに

雪山に登るという自覚が

全く感じられないと

ツイートされていますね。

野口さんにとって、

富士山は清掃登山なので

何もかも知り尽くしたうえでの

発言ですので

説得力があります。

閉山後の富士登山は

危険が伴うことを世間に

伝えたい意味も

あると察します。

まやまブログ



富士山落石は石積みが原因の可能性?究明は難航(2019年8月27日)

ロシア国籍の女性

東京都品川区北品川の主婦、

アンナ・ドゥブロビナさん(29)が

落石に当たって死亡した事故で、

現場の上にある石積みから

石が落ちた可能性も

あることが27日、

山梨県の調べで分かりました。

まやまブログ

初心者

石積みですと自然落石とは

ならないですよね?

難しいところで

まだはっきりしておりません。

石積みは山頂付近の神社の

敷地内にあり、

ご来光を見るために

登山者が上がっていた

可能性もあるとしています。

石が崩れたかどうかは

不明ですが、この事故を受けて

静岡県や山梨県は8月27日、

落石につながった可能性のある

山頂付近の石積みに

約20mにわたりロープを張って

「立入禁止」の看板を設置しました。

まやまブログ

初心者

はっきりしない点について

具体的に教えてください。

県が調べたところ、

崩落やネットの破れはなく、

仮復旧部分からの落石では

ないとみています。

一方、県警は自然落石のほか、

登山者が誤って落石させた

重過失致死などの疑いもあるとみて、

当時現場付近にいた

登山者たちから状況を聴いていますが

今のところ女性に当たった

石を特定できておらず、

過失の認定も難しいことから

原因究明は難航しそうです。

まやまブログ

初心者

ニュースで登山者や関係者から

富士山は危険との声もあがってますね。

県は「どこでも起きる危険性がある」と

注意を呼び掛けています。

噴火を繰り返していまの形になった

富士山は5合目より上の大部分で

溶岩がむき出しの状態です。

決まった道を歩けばいいけど、

あまりに混んでいて登山道を

外れる人がいて、これが非常に危険です。

岩だらけの富士山は

「落石リスク」の高い山と

なっています。

富士山は一見、

なだらかな山に見えるが、

7合目から上は急傾斜な岩場があり、

落石や転倒の恐れがあります。

まやまブログ

初心者

落石に対してはどのように

気を付けたらよいですか?

登山者はヘルメットを着用して

安全な登山を心掛けて

いただきたいです。

現在も、県は整備された

登山道以外では

落石などの事故の可能性が

特に高まるとして、

ルールを守った登山を

するよう呼びかけています。

まやまブログ

初心者

今回2019年8月26日の

富士山での落石事故は

自然落石なのですか?

人為的な落石なのですか?

その後の警察の話として、

現場で状況を確認したところ

「自分が誤って

石を落としたかもしれない」

と話す人物がいることが

分かったといいます。

この人物は死亡した

女性よりも上にいたとみられています

警察はすでにこの人物から

事情を聴いているものの、

故意ではなく、今回の事故との

関連は不明のため、

現時点で事件性はないと判断しています。

まやまブログ

 
 
 

富士山で落石直撃しロシア人20代女性が死亡(2019年8月26日)

(2019年8月26日追記)

富士山の山頂付近を登っていた

女性が落石に当たって死亡した事故で、

女性が29歳のロシア国籍で

死因は落石が胸に強く

当たったことだったことが

分かりました。

26日午前5時ごろ、

ロシア国籍の

ドゥブロヴィナ・アンナさんが

富士山の頂上から

約200メートル下を

登っていたところ、

落ちてきた石が当たりました。

一緒に登っていた日本人の

夫からの通報を受けて

駆け付けた医師が現場近くで

死亡を確認しました。

警察によりますと、

ドゥブロヴィナさんの死因は、

落石が胸に強く当たったことによる

外傷性心肺損傷だったことが

分かりました。

ドゥブロヴィナさんは25日午後9時ごろ、

山梨県側の富士吉田登山口から

夫と登山を開始していました。

事故の状況を調べています。

今回の死亡事故を受けて

通行止めになっているのは、

3450メートル付近にある山小屋の

「御来光館」から山頂まで。

貸し出し用のヘルメットを

50個追加して対応してます。

まやまブログ

初心者

富士山での落石の

ニュースについて教えてください。

富士山の山梨県側の

山頂付近の登山ルートで

26日朝、落石が登山中の

20代の女性に直撃し、

ロシア国籍の女性が死亡しました。

午前7時ごろ、山梨県の

富士山5合目管理組合センターに、

「救急車をお願いします」と

119番通報があり、

6合目に常駐している医師が、

富士山吉田口登山道の

山頂付近に向かったところ、

登山中の20代の女性が

倒れているのが見つかりました。

女性は、複数で

登山していた際、

落石が直撃し、

5合目まで運ばれましたが、

死亡が確認されました。

吉田口登山道は、

石積みが崩落し、

登山道に落石したため、

7月1日の山開きの際は、

8.5合目から山頂までは

登れず、その後、

山頂までの通行が可能となっていました。

警察や山梨県は現在、

登山道を通行止めにしています。

まやまブログ

初心者

ご冥福をお祈り申し上げます。

初心者

富士山では

2019年7月1日の山開きと同時に

山頂に登れない可能性もある

ニュースもありましたね。

富士山山頂付近の登山道脇の

石積みが崩れ登山道を

塞いでいることから、

山梨県は6月中旬に

現地調査し復旧工事を

開始しました。

山頂付近では昨年10月の

台風の影響とみられる

石積みの崩落が発生。

7月1日の山開きの日は

標高3450メートル付近

から山頂まで登頂できず、

同9日に仮復旧した。

現在も石をネットで覆い、

一部は登山道の幅が狭くなっています。

まやまブログ

 
 
 

徳島県八面山で遭難の夫婦無事救助(2019年11月11日)


 
八面山
 

初心者

八面山で遭難の夫婦の
ニュースについて教えてください。

今月9日、徳島県西部の八面山で登山をしていた70代の夫婦が道に迷って下山できなくなっていましたが、10日朝になって、警察や消防などの捜索隊によって救助されました。
けがはなく、命に別状はないということです。

今月9日午後4時半ごろ、美馬市とつるぎ町の境にある八面山へ登山に訪れていた愛媛県東温市の70代の夫婦から「下山していたところ道に迷った」と消防に通報がありました。

このため警察と消防などが捜索を始めましたが、日が落ちて二次遭難のおそれがあるため、いったん捜索を中断していました。

捜索は10日朝に再開され、携帯電話の電波をもとに県の防災ヘリが現場に向かったところ、つるぎ町の一宇支所から南東におよそ3.5キロ離れた山中で夫婦を発見して救助しました。

警察によりますとけがなどはなく、命に別状はないということです。

ご無事で何よりです。

まやまブログ

 
 
 

関西の山岳遭難が近年増加(2019年11月10日)


 
登山届
 

初心者

関西の山岳遭難が近年増加している
ニュースについて教えてください。

関西の山では、登山客の遭難などのトラブルが相次いでいます。
今月2日には、奈良県十津川村で、80代の男女3人が日帰りで登山に出かけたまま、一時、連絡が取れなくなりました。
警察庁によりますと、こうした山での遭難は近年増加しているということです。
 
【遭難件数の現状】
 
今月に入って、関西の山では遭難などのトラブルが相次いでいます。
今月2日、奈良県十津川村で、80代の男女3人が日帰りで登山に出かけたまま、一時、連絡が取れなくなり、3人は、翌日、山に入った場所とは反対側の登山口に自力で下山しました。
また、3日には、滋賀県の霊仙山で、友人と2人で登山をしていた男子高校生の行方がわからなくなり、翌日、警察のヘリコプターが発見して救助されました。
いずれのケースでも、「道に迷って下りる場所がわからなくなった」とか「友人と違う方向に行き、はぐれてしまった」などと遭難などの理由として、道に迷ったことをあげているということです。
警察庁によりますと、山での遭難は近年、増加していて、去年は、全国で3129人、関西の2府4県では385人が遭難しました。
このうち、遭難の理由として、「道に迷った」のがおよそ38パーセントで最も多く、次いで、滑落がおよそ17パーセントとなっています。
また、遭難者を年代別にみると、40代が12.5パーセント、50代が15.5パーセント、60歳以上が50.5パーセントを占め、高齢者の割合が高くなっています。
 
【六甲山では】
 
兵庫県の六甲山は、100以上の登山道があり、初心者から上級者向けまで、さまざまなルートで頂上を目指せることから、関西でも人気の登山スポットです。
8日朝も、六甲山に近い阪急電鉄の芦屋川駅には登山客が多く集まっていまた。
大阪・豊中市から来た51歳の女性は、「きょうは岩場で冬山に向けてのトレーニングをしようと思って来ました。登山歴は3年くらいです。暑さもおさまってきたので、歩きやすい時期だと思います」と話していました。
大阪市から来た48歳の女性は、「ここから六甲山に入って山越えをして、有馬温泉にいきます。日帰りです。六甲山には、何十回も行っています」と話していました。
宝塚市から来た51歳の男性は、「六甲山は家から近く、それなりに高い山で眺望も良いので、数え切れないくらい来ています。きょうは、山頂でバーベキューをやります」と話していました。
一方で、六甲山では遭難事故も多く、兵庫県警によりますと、平成25年から29年までの5年間に兵庫県内で起きた遭難事故521件のうち、およそ半数の263件が、六甲山系で起きています。

まやまブログ

 
 
 

兵庫県六甲山で滑落事故、男性1人死亡(2019年11月10日)


 
六甲山滑落
 

初心者

六甲山での滑落事故について

ニュースについて教えてください。

9日午前、兵庫県神戸市東灘区で男性が登山道から転落する事故がありました。
男性は病院に搬送されましたが死亡が確認されました。
9日午前10時ごろ、神戸市東灘区本山町森の山中で「男性が滑落した」と登山者の女性から消防に通報がありました。
警察によりますと、神戸市長田区の丸尾孝治さん67歳警備員男性が登山道からおよそ20メートル滑り落ち、病院に搬送されましたが死亡が確認されました。
現場は「ロックガーデン」と呼ばれる六甲山の登山コースの入り口で、道の脇の岩に腰かけていたところ誤って落下したとみられます。
警察は事故の状況を詳しく調べています。

まやまブログ

 
 
 

滋賀県霊仙山で行方不明の高校生、無事救助(2019年11月4日)


 
霊仙山男子高校生救助
 

初心者

霊仙山で行方不明の高校生の

ニュースについて教えてください。

滋賀県米原市と多賀町にまたがる霊仙山で、3日から男子高校生1人の行方が一時わからなくなっていましたが、午前7時半ごろに無事救助されました。

行方がわからなくなっていたのは、京都市下京区の17歳の男子高校生です。警察によりますと、男子高校生は3日、友人の男性と滋賀県米原市の柏原コースから霊仙山に入り、午後1時ごろに8合目から9合目付近で男性と別のルートで登山を試みたあと、行方がわからなくなっていました。

男性の母親から通報を受け、警察と消防は3日夜、登山道付近を捜索しましたが、日没後だったため中断していました。

4日午前6時半から捜索を再開したところ、午前7時半ごろに警察のヘリが頂上付近で手を振っている男子高校生を発見し、救助したということです。男子高校生にけがはなかったということです。

まやまブログ

 
 
 

西穂高岳で滑落し娘と登山中の66歳男性死亡(2019年11月4日)


 
西穂高岳ピラミッドピーク

西穂高岳ピラミッドピーク

 

初心者

西穂高岳での滑落の

ニュースについて教えてください。

岐阜県高山市の西穂高岳で、登山中の66歳の男性がおよそ500メートル滑落し死亡しました。

3日午前11時45分頃、高山市奥飛騨温泉郷神坂の西穂高岳で「父親が滑落した」と一緒に登山をしていた女性(娘)から警察に110番通報がありました。

警察がヘリコプターで捜索し、およそ2時間後に約500メートル崖下で福岡市東区の無職・佐藤憲明さん(66)が発見されましたが、

頭を強く打っていてその場で死亡が確認されました。

佐藤さんは娘と山荘に向かう途中で、当時は強い風が吹いていたということです。

警察によりますと、佐藤さん親子は2日西穂山荘に宿泊。3日朝に山頂まで登り、山荘に戻る途中で事故にあったということです。

滑落した現場は標高2750メートルのピラミッドピーク付近で、岩場の崖が続く難コースとな

まやまブログ

初心者

ご冥福をお祈り申し上げます。




 

北アルプス黒部川源流の登山道で男性死亡(2019年11月3日)


 
黒部源流遭難死亡低体温症
 

初心者

北アルプスの黒部川源流域の

登山道で男性が死亡する

ニュースがありましたね。

北アルプス・黒部川源流の登山道で

東京から来ていた登山者の男性が

倒れているのが2日見つかり、

その場で死亡が確認されました。

2日午後0時50分ごろ、

北アルプス・黒部川源流の

標高約2400メートルの

登山道で、男性が倒れているのを

別の登山者が見つけ、

警察に通報しました。

県の消防防災ヘリが男性を

救助しましたが、

その場で死亡が確認されました。

警察によりますと、

死亡したのは

東京都青梅市の

無職、池田のりおさん(72)で

目立った外傷はなく、

死因は低体温症とみられます。

現場は黒部川源流の

三俣山荘から雲ノ平山荘に

向かう登山道で、

見つかった当時は

前日に降った雪が

まばらに残っていたということです。
 
池田さんが持っていたメモによりますと、

池田さんは先月26日に

一人で新穂高方面から入山、

翌27日に三俣山荘付近で

テントを張って宿泊したあと、

先月31日に有峰湖周辺に

下山する予定だったとみられます。

まやまブログ

初心者

有峰湖周辺に下山とは

どのようなルートですか?

新穂高温泉

双六小屋

三俣山荘

雲ノ平山荘(黒部源流)

薬師沢小屋

太郎平小屋

有峰湖(折立)

のルートですね。

これからさらに気候が厳しくなる

冬山シーズンを前に

県警は注意を呼びかけています。

ご冥福をお祈り申し上げます。

まやまブログ



妙義山の鎖場で滑落、男性死亡(2019年10月27日)


表妙義縦走路

初心者

群馬県の妙義山の鎖場で滑落した

ニュースについて教えてください。

27日午前9時25分ごろ、

群馬県富岡市妙義町の妙義山縦走路の鎖場で、

「男性が滑落した」と登山者から通報がありました。

男性は防災ヘリで搬送されたが、

病院収容前に死亡が確認された。

所持品から、

東京都三鷹市の会社員(55)とみられます。

富岡暑によると、

事故現場は「妙技神社奥の院鎖場」と呼ばれ、

垂直に約20メートル登って左に巻いて、

再び約10メートルほど登る鎖場。

男性は単独登山中で、

目撃者などの話から、

20メートル登って左に移動中、

滑落したとみられます。

まやまブログ

初心者

妙義山は遭難が多いですよね。

まやまさんは行かれたことはありますか?

ありますよ。

特に表妙義縦走は日本で最難関

なのではと感じております。

まやまブログ

初心者

今回、妙義山で事故がありました、

奥の院は通られたのですか?

ルートコースは

妙義神社か中ノ嶽神社からとなりますので

縦走する場合は必ず通ることになります。

まやまブログ

初心者

ルートについて

詳しく教えてもらえますか?

07:31 妙義神社
08:32 大の字
09:01 奥の院
09:23 見晴
11:12 相馬岳
12:31 鷹戻し
13:29 東岳
14:45 分岐
15:29 中之嶽神社

といった感じになります。

鎖場が多く怪我や滑落事故に

気を付ける必要があります。

まやまブログ

 
 
 

福島県の安達太良山で夫婦が死亡(2019年10月27日)


安達太良山

初心者

福島県の安達太良山の

遭難ニュースについて教えてください。

26日、福島県の安達太良山の登山道で、埼玉県の高齢の夫婦が死亡しているのが見つかりました。目立った外傷はなく、警察は2人が低体温症になったとみて詳しい状況を調べています。

警察によりますと、26日午前8時半前、安達太良山に登山していた人から「男女2人があおむけの状態で倒れている」という通報がありました。

警察と消防が現場に向かい、山頂近くの登山道でいずれも高齢の男女2人が心肺停止の状態で見つかり、その後、死亡が確認されました。

警察によりますと、死亡したのは埼玉県新座市の松浦政幸さん(70)と妻の百合子さん(69)で、2人に目立った外傷はなかったということです。

警察によりますと、2人は25日昼頃、福島市の野地温泉側の登山口から登り始め、中腹にある山小屋に宿泊の予約をしていたとみられるということです。

その際、救助要請などはなかったという。

山小屋の管理者などによりますと、25日夕方、男性から「道に迷い、山で夜を過ごす。食料はある」などという連絡があったということです。

2人はテントなどの宿泊装備は持っていなかったということです。

25日夜の安達太良山は雨や風が強く、気温も低かったということで、警察は、2人が低体温症になったとみて詳しい状況を調べています。

まやまブログ

 
 
 

北海道大雪山系愛別岳で38歳男性遭難(2019年10月15日・22日追記)

今月14日、大雪山系の愛別岳に登山に出かけたまま行方がわからなくなっていた38歳の男性が、21日午前、山頂付近で雪に埋もれて倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

亡くなったのは、上川の美瑛町の団体職員、中村岳陽さん(38)です。
警察によりますと、中村さんは、今月14日、標高2113メートルの大雪山系の愛別岳に1人で登山に出かけたまま、下山の予定時間になっても戻らず警察や登山仲間などが連日、捜索を行っていました。
その結果、21日午前10時すぎ、山頂付近の斜面で雪に埋もれて倒れている中村さんが見つかり、救助されましたが、その後、死亡が確認されました。
中村さんの額には、強く打ったような傷痕があったということで、警察は、中村さんが何らかの原因で滑落し、頭を打った可能性があるとして、当時の状況や死因について詳しく調べています
ご冥福をお祈り申し上げます。

初心者

北海道大雪山系愛別岳で

38歳男性の遭難のニュースがありましたね。

警察は男性が遭難したとみて、

北海道上川町にある大雪山系愛別岳に、

登山に入った38歳の男性と

14日から連絡が取れなくなっていて、

警察は、男性が遭難したとみて

15日6時30分から捜索を行っていますが

男性は見つかっていません。

連絡が取れなくなっているのは、

美瑛町の中村岳陽さん38歳です。

男性は14日早朝、

上川町の愛山渓温泉から1人で入山し、

大雪山系の永山岳などを経由して、

愛別岳に登る予定だったとみられています。

男性は14日、

妻に「これから愛別岳に登る、

夕方4時ごろには帰宅する」などと

連絡をして大雪山系の愛別岳に入山しました。

しかし、14日午後6時になっても

男性が帰宅しないことから

14日夜、中村さんの妻から

「時間になっても帰宅しない」と

警察に通報がありました。

15日の捜索で、安足間岳から

愛別岳までの山中で中村さんのものと

みられるストックが折れた状態で見つかったほか、

愛山渓温泉の駐車場には、

中村さんの車が残されていました。

中村さんは食料を数日分持っているとみられ、

男性は携帯電話を持っていますが、

電波がつながらないため連絡がとれておらず、

警察は16日も朝から捜索を再開するということです。

まやまブログ

 
 
 

台風19号に類似する狩野川台風とは?(2019年10月12日)

初心者

台風が近づいているので

通過をしない地域でも

登山は控えねばなりませんね。

近づいてきている場合のみならず

通過した後も大変危険となりますよ。

少なくとも前後3日間は考慮しましょう。

2日前:△

1日前:×

接近日:×

1日後:×

2日後:△

まやまブログ

初心者

どのような状態で

台風と呼ばれるようになるのですか?

台風は、北西太平洋に存在する

熱帯低気圧のうち、低気圧域内の

最大風速がおよそ毎秒17メートル以上

のものを指します。

まやまブログ

初心者

狩野川台風とは

どのような台風であったのですか?

昭和33年9月26日、

台風22号が伊豆半島南端をかすめ、

神奈川県三浦半島に上陸、

東日本・北日本を北上。

東海・関東地方で大雨となり、

伊豆半島の静岡県湯ヶ島では

年間降水量のおよそ3分の2となる

24時間降水量694mmを記録し、

近くを流れる狩野川流域が氾濫しました。

また、東京都心でも

日降水量371.9mmを

記録する大雨となり、

東京都や神奈川県では、

新興住宅地の浸水や造成地の

崖崩れが相次ぐなど都市化による

災害が顕在化したことも特徴です。

関東地方や静岡県を中心に、

死者888人、行方不明者381人、

家屋損壊4,293棟、

家屋浸水500,000棟以上の

甚大な被害が発生した台風となります。

まやまブログ

初心者

台風の発生回数は

1年間にどの程度あるのですか?

1年間に平均して25個から26個発生して、

そのうち11個から12個が日本に接近します。

そのなかで3個ほどが上陸しますね。

まやまブログ

初心者

台風の上陸について

具体的に教えてください。

上陸とは、台風の中心が

北海道、本州、四国、九州の

海岸に達した場合を指します。

まやまブログ

初心者

台風のシーズンとは

夏とよく聞きますが。

暦の上での夏は

立夏5/5から立秋の前日8/6まで

となりますので少し違います。

7月~10月にかけて

接近・上陸する数が

多くなる傾向があります。

まやまブログ

初心者

台風で注意することはありますか?

①家の窓ガラスや雨戸を補強する

 

強風に備えて、

家の窓ガラスのひび割れや

窓枠のガタつきがないか調べ、

窓ガラスにテープを

貼るなどして補強しましょう。

万が一、窓ガラスが

割れたときのために

カーテン等は閉めておきます。

雨戸にガタつきやゆるみはないか、

家の外壁に亀裂等はないかなども

台風の前にチェックしておきましょう。

まやまブログ

②事前準備家の周りにあるものを移動・固定させる

 

強風によって飛散する可能性のある

植木や置物は、室内へ移動させましょう。

室内へ移動できない庭木や塀には、

支柱を立てるなどして補強を行います。

瓦やトタンは強風で飛ばされると

大変危険ですので、

ひび・割れ・ずれ・はがれは

ないかを確認し、事前に修理を

行える場合は、必要に応じて

修理するようにしましょう。

まやまブログ

③事前準備床上の浸水対策をする

 

台風に伴い大雨や洪水が予想される場合は、

浸水の被害を防ぐために、

家財や家電等は高所もしくは

2階に移動させるのが安全です。

漏電や感電等を起こす危険があるため、

家電等のコンセントは

抜いておくようにしましょう。

まやまブログ

④発災直後車の運転は気を付ける

 

車のスピードを出すと、

横風の空気抵抗が高まり、

ハンドルをとられやすくなります。

トンネルの出口は、強風が吹く外部へ

出るときにハンドルを

大きくとられる可能性があり、

また、山の谷間に架けられた

橋の上や防音壁の切れ目等も

風が強く吹くポイントなので、

スピードを出しすぎないよう注意しましょう。

まやまブログ

初心者

おかげさまで台風について

詳しく知ることができました。

有難う御座います。

 
 
 

千葉県君津の72歳男性登山下見で遭難(2019年10月7日)

千葉県警富津署は7日、富津市山中地区の山で5日から行方不明になっていた君津市杢師3の無職、水野久雄さん(72)の遺体が見つかったと発表した。

同署によると、7日午前10時25分ごろ、無実山(標高約266メートル)の山中を捜索していた警察官が、登山道から約400メートル離れた水のない沢で水野さんを見つけた。現場で死亡が確認された。同署は詳しい経緯や死亡原因を調べている。

水野さんは同じ山岳クラブに所属する男性と5日午前9時ごろから、仲間らと登山する予定だった山の下見をしていたという。5日午後5時半ごろ、1人で下山した後から行方が分からなくなっていた。男性も道に迷ったが、6日午前に消防に通報した後、保護されていた。

同署は7日も消防などと連携して午前中から捜索を続けていた。同署は「台風15号による倒木で危険な場所もあるので、山に入るのは控えてほしい」と呼び掛けている。

初心者

千葉県君津の遭難ニュースに

ついて教えてください。

6日午前10時10分ごろ、

千葉県富津市山中付近の

山に山登りの下見に行った

君津市の無職、

水野久雄さん(72)が戻らないと、

一緒に山に入っていた無職の男性(77)

から消防に通報がありました。

富津署は水野さんが遭難した

可能性が高いとみて、

消防などと連携し

65人態勢で捜索したが、

発見には至りませんでした。

7日も人員を増やして

捜索を行うそうです。

同署によると、

水野さんと男性は

同じ山岳クラブに所属。

2人は5日午前9時ごろから、

仲間らと登山する予定の山の

下見をしていたといいます。

2人は当初、日帰りの予定で

登山していたが、

視界が暗くなってきたことから、

5日午後5時半ごろ、水野さんが

「家族から懐中電灯を

もらってくる」といい、

1人で先に下山しました。

水野さんは身長約165センチの中肉中背。

薄緑色のポロシャツに

灰色のズボン、つば付きの帽子を着用。

携帯電話を所持しているが、

つながらない状態とのことです。

男性も道に迷い山中で野宿した。

通報を受けて捜索していた同署員が、

6日午前11時55分ごろに男性を見つけました。

山には登山ルートが整備されていましたが、

台風15号の影響で足場が悪かったとのことです。

まやまブログ

 
 
 

栗駒山で遭難30代女性無事救助(2019年10月3日)

初心者

栗駒山で遭難された女性の

ニュースについて教えてください。

2日栗駒山で登山をしていた

30代の女性が遭難しましたが、

3日朝救助されました。

救助されたのは

東京都狛江市の

加藤祐美さん(34)です。

警察によりますと

2日午前5時半ごろに

弟と2人で栗駒山に入り

山頂までいったあと

下山していましたが、

登山口から2キロほどのところで

日が暮れたため身動きが

取れなくなったということです。

登山経験が少なかったため

体力の消耗を避けようと

弟が1人で下山し、

登山口にいた登山客の

携帯電話で警察に救助を求めました。

警察は3日午前5時20分から

捜索を開始し、

約50分後に発見し救助しました。

スナック菓子や飲み物を持っていて、

目立ったけがもないということです。

まやまブログ

 
 
 

山梨県道志村のボランティア男性を無事救助(2019年9月29日)

初心者

山梨県道志村の現場で

千葉県成田市の小学1年、

小倉美咲さん(7)が

行方不明の参加し

崖から落ちてけがをした

ボランティア男性が救助された

ニュースがありましたね。

県警によりますと、

右腕や右手首を折る重傷。

男性は東京都小平市の

田島嵩一さん(27)。

自力で下山しよう

としていたところを、

小倉さんを探していた

ボランティアの男性が見つけ

29日午前6時10分ごろ

発見され、救急車で

病院に運ばれました。

まやまブログ

初心者

小学1年の女児も

早く見つかると良いのですが。

県警や消防は

約80人で捜索を始めてますが、

まだ見つかっていません。

県の災害派遣要請を受けて

捜索に加わっていた

陸上自衛隊は28日に撤収となりました。

無事に見つかりますよう祈るばかりです。

まやまブログ

 
 
 

北広島町高岳で76歳男性を無事救助(2019年9月26日・27追記)

 
(2019年9月27日追記)
 
広島県北広島町で

登山に出かけたまま連絡が

取れなくなっていた男性が

27日午前、救助されました。

午前10時過ぎ、ボランティアが

高岳の南側にある谷で

男性を発見しました。

消防のヘリコプターで

救助された男性は、目立ったけがはなく、

意識もあり、自力でも歩ける状態だった

ということですが、

衰弱していたため病院に運ばれました。

 

初心者

北広島町高岳で

76歳男性が遭難し

行方不明となっている

ニュースについて教えてください。

2019年9月25日から

広島県にある

北広島町の高岳に

登山をしていた男性が遭難し、

行方が分からなくなっています。

警察と消防によりますと

発見できずに、

捜索活動が続いています。

標高1054メートルの「高岳」。

遭難し行方不明になっているのは、

広島市東区に住む76歳の男性で、

警察によりますと

25日午後3時半ごろ、

北広島町西八幡原の高岳に

登っていた男性から、

家族と登山仲間に

「ルートを外れて、帰りが少し遅くなる」

「道に迷った」と

電話をして以降連絡が

とれなくなっているということです。

まやまブログ

初心者

すぐに救助要請はされたのですか?

いいえ、すぐにではないようです。

26日朝になっても

男性から連絡がなかったことから、

登山仲間が26日午前、

高岳の登山道を捜索しましたが、

見つからなかったため

消防に通報しました。

警察や消防などが

およそ30人態勢で捜索し、

登山口近くの駐車場で、

男性の車を発見しましたが、

男性の行方は分かっていません。

26日の捜索は日没の午後5時で終了し、

27日は、午前8時半から

およそ50人態勢で

再開されることになっています。

まやまブログ

初心者

入山届は出されていたのですか?

入山届を出さず1人で

男性は1人で山に入ったとみられ、

家族などによりますと、

この山への登山は

今回が3回目だったということです。

普段から山に通い、高岳にも

登った経験があったということです。

まやまブログ

 
 
 

宝満山で68歳男性の遺体を発見、登山中に滑落か(2019年9月27日)

初心者

宝満山で登山中に

滑落したニュース

について教えてください。

26日午後、福岡県筑紫野市の

宝満山で、男性の遺体が

見つかりました。

警察は、男性が登山中に

滑落したものとみて調べています。

警察によりますと、

26日午後1時すぎ、

筑紫野市の宝満山(標高約830m)

中腹の崖の下に、

男性があお向けで倒れているのを、

通りかかった男性が発見しました。

倒れていた男性は、

春日市の嘱託職員、

堤久良二さん(68)で、

その後、死亡が確認されました。

堤さんは前日25日の夜、

妻に「あす、宝満山に登る」と

言っていたということです。

警察は現場の状況などから、

堤さんが1人で登山中、

登山道を外れて脇道を歩き、

足を踏み外して崖から

約15メートル下に

滑落したのではないかと見ています。

まやまブログ

初心者

宝満山での遭難男性の

ご冥福をお祈り申し上げます。

 
 
 

屋久島の登山道近くで男性の遺体(2019年9月25日)

初心者

屋久島の登山道近くで

男性の遺体みつかったニュースに

ついて教えてください。

屋久島の宮之浦岳に向かう

登山道近くの沢で24日午後、

男性が倒れているのが

見つかりその後、

死亡が確認されました。

屋久島警察署によりますと

24日午後5時ごろ

登山ガイドから

「沢で男性が亡くなっているのを見つけた」と

警察に通報がありました。

警察が現場に向かったところ、

淀川登山口から宮之浦岳へ

向かう途中の休憩所近くを

流れる沢のおよそ300メートル下流で

岩に挟まれた状態の男性の

遺体を見つけました。

警察は、25日の朝からヘリを使い、

上空から男性を引き揚げる予定です。

男性は黒の長袖Tシャツに

カーキ色の長ズボンを履いていて、

現在身元の特定を急いでいますので

情報がわかりしだい

追記させていただきます。

まやまブログ

 
 
 

十勝岳で50代男性が吹雪で道迷い行方不明(2019年9月21日)

初心者

大雪山系の十勝岳で

登山中の男性が

吹雪で道に迷い遭難の

ニュースについて教えてください。

20日午後3時前、

十勝岳で登山をしていた

50代の男性から

「吹雪で視界が悪く、

道に迷った」と警察に

通報がありました。

男性は山頂から20分ほどおりた

登山コースにいると

連絡してきたことから、

警察が救助に向かいましたが

見つからず、天候も悪くなったため、

午後9時前にいったん捜索を

打ち切りました。

警察と連絡していた際に男性は、

水とおにぎりを持っていて、

ウインドブレーカーを

着ていると話していましたが、

連絡がつかなり

警察は21日早朝から

捜索を再開しました。

警察は21日、

男性を見つけて

救助しましたが

搬送先の病院で

死亡が確認されました。

警察は携帯電話の

位置情報をもとに

救助に向かっていました。

その結果21日昼ごろ

十勝岳の山頂から北西側にある

グラウンド火口近くの斜面で

男性を見つけ

ヘリコプターで救助しました。

警察によりますと

男性は病院に運ばれ、

その後死亡が確認されました。

この男性は美瑛町の望岳台から

入山したとみられ、

警察は千葉県の50歳の男性と

みて確認を急いでいます。

北海道の上空には

19日から20日にかけて

10月下旬から11月上旬並みの

寒気が入り込み大雪山系では

19日、旭岳と黒岳で初

雪が降りました。

警察は登山者に雪や寒さの対策を

しっかり取るよう注意を呼びかけています。

まやまブログ

初心者

十勝岳での遭難男性の

ご冥福をお祈り申し上げます。

 
 
 

大雪山系旭岳と黒岳で初雪を観測(2019年9月19日)

初心者

先日までは

残暑がきびしいなど

騒がれていたのに

北海道では初冠雪の

ニュースがありましたね。

道内は9月18日から19日にかけ、

上空に入り込んだ寒気で冷え込みが強まり、

大雪山系の旭岳(2291メートル)と

黒岳(1984メートル)で

今季初の降雪が確認されました。

道内最高峰の旭岳では午前6時半ごろ、

標高約1600メートルの

旭岳ロープウェイ姿見駅付近で、

うっすらと雪が積もりました。

黒岳では、黒岳ロープウェイを

運行する「りんゆう観光」の

石室避難小屋(標高約1900メートル)の

管理人が、18日午後11時ごろ、

降雪を確認しました。

まやまブログ

初心者

まだ冬山になるまでは

随分先と思っていましたが、

だんだんと雪山が

近づいてきていますね。

北アルプスでも白馬岳連山は

例年10月中旬に初冠雪しますよ。

もう1ヵ月後ですから、

だんだんと雪山装備が

必要となってくるシーズンです。

まやまブログ

初心者

話を聞いて悠長なこと

言ってられなくなりました。

今年の北海道の初冠雪は

早かったのでしょうか?

黒岳の初雪は平年並みで、

記録が残る1974年以降で

最も早かった昨年より32日遅いです。。

道内最高峰の旭岳では午前6時半ごろ、

標高約1600メートルの

旭岳ロープウェイ姿見駅付近で、

うっすらと雪が積もりました。

まやまブログ

初心者

北海道の登山者であれば

想定内なのですかね?

登山に訪れた小樽市の

公務員片岡浩一さん(55)は

「予報で雪は想定していたが

こんなに降るとは」と話しています。

札幌管区気象台によると、

午前9時までの最低気温は、

十勝管内上士幌町

ぬかびら源泉郷で3・6度、

北見市留辺蘂で3・7度など。

19日は夜遅くまで大気が

不安定になる見込みで、

気象台は日本海側などで

予想される暴風などへの

警戒を呼びかけていますよ。

まやまブログ

 
 
 

石川県白山の避難小屋で登山中ケガした72歳男救出(2019年9月16日)

初心者

石川県の白山で遭難の

ニュースがありましたね。

ケガをして動けなくった男性が、

避難小屋で一夜を過ごした後、

およそ20時間後に救助されました。

15日午後1時40分頃、

白山に上っていた

兵庫県の72歳の男性が

足を滑らせて転倒し

右足にケガをしました。

男性は自力で避難小屋に

移動した後、

その中で一晩を過ごしました。

16日朝、小屋を通りがかった

別の登山客が男性を発見し

警察に通報。

ケガをしてからおよそ

20時間後の午前8時半に

ヘリで救助されました。

男性は右足首を骨折した疑いがあり、

病院で治療を受けました。

避難小屋周辺は携帯電話の電波が

つながらないエリアでした。

まやまブログ

 
 
 

徳島県三好市の国見山70代の女性行方不明(2019年9月16日)

初心者

徳島県の国見山で遭難の

ニュースがありましたね。

今月15日、徳島県三好市の

国見山に登山に出かけた

70代の女性の行方が分からなくなり、

警察と消防などで16日朝から捜索を

行うことにしています。

行方が分からなくなっているのは

岡山県内に住む70代の女性です。

警察によりますと

女性は所属している岡山県内の

ウォーキングクラブの

メンバー23人とともに、

標高およそ1410メートルの

三好市の国見山を訪れていて、

15日の午前中から登山を

行っていたということです。

これまでの調べで、

女性は登山の途中で撮った

記念写真には写っていた

ということですが、頂上に着いた際に

確認したところ姿が

見えなくなっていたということです。

女性の携帯電話は乗ってきた

バスの中に置いたままになっていて、

現在は連絡が取れない状況だということです。

警察や消防は女性が遭難した可能性が

あるとみて16日の朝から救助隊を

出して捜索することにしています。

まやまブログ

 
 
 

御在所岳に1人で登山の滋賀県の男性死亡 三重・菰野町(2019年9月12日)

初心者

三重県の御在所岳で

税理士の男性が死亡する

ニュースがありましたね。

三重県菰野町の御在所岳で、

1人で山登りに出かけていた

滋賀県湖南市の

税理士・鈴木雅博さん(47)が

亡くなっているのが見つかり、

12日午前、防災ヘリコプターで

遺体が収容されました。

警察によりますと、

鈴木さんは8日朝、

家族に「御在所に行ってくる」と

言って家を出ましたが、

夜になっても帰ってこないことから、

捜索が行われていました。

警察は、足を滑らせた可能性も

あるとみて調べています。

まやまブログ

初心者

ご冥福をお祈り申し上げます。

 
 
 

巻機山で滑落 富山県の男性が死亡(2019年8月24日)

初心者

巻機山での滑落の

ニュースについて教えてください。

南魚沼市の巻機山(1967m)で、

登山者が滑落し救助され

防災ヘリコプターで

病院に搬送されましたが

頭や胸を強く打っており、

死亡が確認されました。

警察によりますと、

24日午前9時35分ごろ、

南魚沼市と群馬県に

またがる巻機山の米子沢で、

登山中の男性より

「一緒に沢登りをしていた

男性が滑落し意識がない模様」と

110番通報がありました。

およそ3時間半後に

県の防災ヘリコプターで

警察や消防が救助に

向かいましたが、

富山県高岡市横田町の

県立高校教諭

棚田英治さん(61)は、

心肺停止の状態でした。

県警南魚沼署によると、

棚田さんは24日午前7時ごろから

男性と沢登りしていたが、

知人の男性と2人で、

午前7時ごろから

沢登りをはじめ、

10メートルほど

滑落したということです。

棚田さんが滑落した場所は

標高が1180メートルの地点だということで、

警察が滑落の状況などを調べています。

まやまブログ

初心者

ご冥福をお祈り申し上げます。

 
 
 

大菩薩嶺で76歳男性滑落死、山梨県内遭難多発(2019年8月19日)

初心者

大菩薩嶺で76歳男性が滑落死の

ニュースがありましたね?

山梨県内では山岳遭難が

相次いでいてこのうち

小菅村では東京・三鷹市の

76歳の男性が滑落し、

死亡しました。

18日午後1時ごろ、

小菅村の山の中で近くを

通りかかった人から

男性が滑落したと

消防に通報がありました。

消防と警察が捜索したところ

大菩薩嶺から小菅村に向かう

途中で東京・三鷹市の

菊地藤次さん(76)が

見つかりました。

菊池さんは登山道から

およそ40メートル下の

沢の近くで見つかり

病院に運ばれましたが

死亡が確認されました。

菊地さんは登山仲間7人

とともに甲州市にある

登山口から入山し、

大菩薩嶺を経由して

小菅村方面に向かっていた

ところ滑落したということで

警察は詳しい状況を調べています。

一方、17日、山梨市三富川浦の

東沢渓谷では沢下り中に

東京・世田谷区の大学生、

利藤暢さん(22)の行方が

わからなくなりました。

警察と消防が捜索したところ、

18日午前8時45分時ごろ

利藤さんは滝つぼの中で遺体で

見つかったということです。

警察によりますと、

東沢渓谷は流れが速く

急こう配が続く上、

台風の影響もあり

普段より増水していた

ということです。

山梨県内では17日、

北岳で31歳の男性が

死亡したほか、山中湖村で

20代男性が行方不明となるなど、

山岳遭難が相次いでいます。

ご冥福をお祈り申し上げます。

まやまブログ

 
 
 

朝日連峰で行方不明の静岡県男性が遺体で発見(2019年8月16日)

初心者

朝日連峰で遭難の

ニュースがありましたね。

山形県朝日町の朝日連峰に

登山に入ったと見られる

静岡県の男性が

行方不明となっています。

警察は山岳遭難と見て

捜索を開始しました。

遭難したと見られるのは、

静岡県御殿場市の

会社員・鈴木光夫さん(57)。

警察によりますと、

鈴木さんは10日朝、

家族に「山へ行く」と告げて

車で家を出ました。

その後14日になっても

帰宅しなかったため、

家族が「山形に行ったかもしれない」と

地元の警察に届け出ました。

その後15日午前8時半ごろになって、

朝日連峰の

登山口「朝日鉱泉」の駐車場で

鈴木さんの車が見つかりました。

鈴木さんは12日に大朝日岳の

山小屋に宿泊したことが分かっており、

警察は山岳遭難と見て、

15日午前から捜索を開始してます。

警察などがさらに捜索した所、

朝日鉱泉から15分ほどの登った

登山道で鈴木さんの

リュックや帽子などが見つかり、

午後1時半ごろ、

近くの沢で男性の遺体が発見された。

遺体は50~60歳で、

朝日連峰に登山に来ていた

可能性の高い静岡県の

男性と見られている。

警察は遺体の身元や死因を確認している。

 

(以下追記:2019年8月16日20時)

 

山形県朝日町の登山道近くの

沢で見つかった遺体は、

朝日連峰に登山に来て

行方不明になっていた

静岡県の男性と確認された。

身元が確認されたのは

静岡県御殿場市の

会社員・鈴木光夫さん(57)。

鈴木さんは朝日連峰に登山に来て

行方不明になっていたが、

15日午後、朝日町立木の

登山道近くの沢で遺体で見つかり、

その後家族が鈴木さんと確認した。

発見場所は登山道から

50メートルほどの崖下。

登山道には鈴木さんの

リュックや帽子が残されていた。

警察は、鈴木さんが

水を飲むために沢に

降りようとしたとみて、

滑落の可能性を含め

死因を調べている。

まやまブログ

初心者

通報を受けた地元の警察は

どのような対応をされるのですか?

山形県内の全ての登山口や

登山届を調べあげます。

かなりの数がありますが

迅速さが必要となります。

14日に捜査依頼が出て

翌朝には山小屋にも連絡を入れ

宿泊者名簿から割り出され

登山口の車を見つけました。

まやまブログ

救助活動は多くの時間と

人員が必要になります。

遭難をして救助要請をしても、

救助隊の到着には相当の時間を要します。

場合によってはその場で

一晩を耐えてもらわなければ

ならないこともあります。

登山者の皆さんは

このような万が一の事態を想定し、

緊急時の装備等の準備をして入山してください。

入山する際は事前に気象情報を

確認するようにしてください。

まやまブログ

初心者

有難う御座います。

遭難を防ぐためには、

適切な登山計画と

準備が必要となりますね。

登山行くときは登山届のみならず、

身近なひとへの声掛けも必要ですね。

まやまブログ

初心者

別の登山者が救助を求めたとのことですが

実際に滑落者を見かけた

どうして良いのか正直自信がありません。

ほとんど経験することない事、

これからも経験してもらいたくない事、

ですからね。

まやまブログ

初心者

有難う御座いました。

早く身元確認ができることを

お祈り申し上げます

 
 
 

蒲生岳で登山中の大学生が熱中症で死亡(2019年8月15日)

初心者

蒲生岳で登山中の大学生が

熱中症で死亡という

ニュースがありましたね。

只見町の蒲生岳で

登山中の大学生が倒れ死亡しました。

警察が熱中症の可能性が

あるとみて死因を調べています。

亡くなったのは

東京都港区の大学生・中瀬翔さん。

警察などによると

中瀬さんは13日、

只見町の蒲生岳に親

族3人と登山に訪れ、

「先に下山する」と言って

親族と別れた後、

行方がわからなくなっていた。

その後、登山道の入り口近くの

山林で中瀬さんが

倒れているのを

近くの住民が

発見したということ。

中瀬さんは意識が

もうろうとした状態で

医療機関に運ばれたが

約2時間半後に死亡となりました。

中瀬さんに目立った外傷はなく、

警察は熱中症の可能性が

あるとみて死因を

詳しく調べることにしています。

まやまブログ

 
 
 

京都・大江山で道標破損新たに2基壊される(2019年7月31日)

初心者

都・大江山で道標破損新たに2基壊されたニュースがありましたね?

京都府北部の大江山連峰に設置された

登山道標3基が壊された問題で、

30日までに別の道標2基の案内板が

折れた状態で見つかった。

同種の道標は大江山連峰トレイルクラブが

10基設置しており、

クラブは人為的に折られたとみている。

宮津署はこれまでの被害との関連を調べている。

新たに破損が見つかったのは

千丈ケ嶽から赤石ケ岳に至る

縦走路(福知山市天座)と

鍋塚休憩所(同市大江町佛性寺)の道標。

クラブによると、

縦走路の道標は

13日に登山者から報告があった。

支柱に取り付けた案内板が根元から2枚折れていた。

うち1枚は根元に工具で

複数の穴を開けたような跡があった。

案内板の破断面には動物の毛が付いていたが、

破断との関連は分からないという。

鍋塚休憩所の道標は28日に分かり、

根元から折れて湾曲していた。

クラブの髙崎洋一朗会長(68)は

「半分の5基が被害を受けた。

安全のために設置したものなので、

やめてもらいたい」と話した。

同連峰の道標は、

風に吹かれて回転する様子が

5月にインターネット上で拡散された。

クラブはこれら3基について

同署に被害届を出していた。

まやまブログ

初心者

道迷いしてしてしまいますね?

一般登山道の場合、遭難するかしないかは、

個人でリスク管理することも大切です。

まやまブログ

 
 
 

皇海山で遭難の金沢市の男性6月20日発見(2019年6月20日)

初心者

皇海山で遭難していた金沢市の

男性が発見されたという

ニュースがありましたね。

群馬・栃木県境の

標高2144mの皇海山で

14日から行方が分からなくなっていた

金沢市の会社員男性(59)が

6月20日、6日ぶりに発見・救助されました。

群馬県警沼田署によると、

男性は右足首と肋骨(ろっこつ)が

折れる重傷だが、

命に別条はないということです。

1食分の弁当とロールパン1個で

食いつないでいた。

署によると、男性は14日朝、

群馬側の登山口から入山して道に迷い、

右足を痛めた。体力消耗を避けるために移動を抑え、

持っていた弁当とパン、

沢の水でしのいだ。

食糧が尽きたため、

居場所を知らせるために

笛を吹きながら尾根上の登山道を

歩いていた20日午前7時45分ごろ、

別の遭難事故で出動していた

民間の救助隊に発見されました。

登山口に止まったままの

レンタカーがあるとの通報が

17日午前にあり、

県警のヘリや山岳警備隊が捜索。

登山カードに記された行程は

日帰りの予定でした。

まやまブログ

初心者

ご無事でなによりです。

 
 
 

皇海山で男性遭難か警察が捜索(2019年6月15日)

初心者

皇海山で遭難という

ニュースがありましたね。

6月14日栃木県と群馬県の県境の皇海山に

千葉県から登山に訪れた59歳の男性が

予定を過ぎても下山せず

警察は家族からの通報を受けて捜索しています。

6月15日午前2時ごろ千葉県松戸市の59歳の医師の妻から

「登山に出かけた夫と連絡が取れない」

と警察に通報がありました。

警察によりますと、この医師は1人で

6月14日午前6時ごろから栃木県と群馬県の県境にある皇海山、

標高およそ2100メートルに登ると妻に伝えていましたが、

予定の午後6時までに下山せず、

連絡も取れなくなっているということです。

まやまブログ

初心者

天気が悪かったですよね?

警察によりますと、

6月14日の皇海山付近の天気は曇りで夕方からは

雨も降り視界が悪くなっていたということです。

警察は遭難したおそれがあるとして

捜索していますがこれまでのところ見つからず

6月16日朝から再開することにしています。

皇海山のクラシックルートは非常に

道迷いが多発しますので心配です。

まやまブログ

初心者

ご無事であることをお祈り申し上げます。

 
 
 

皇海山で埼玉県の男性が遺体で発見される(2019年6月14日)

初心者

皇海山で埼玉県の男性が

遺体で見つかる悲しい

ニュースがありましたね。

行方が分からなくなっていたのは

埼玉県三郷市の英修さん(68)で、

英さんは今月9日、

日光市と群馬県の境にある

標高およそ2100メートルの

皇海山の山頂を目指して、

仲間3人とともに山荘を

出発しましたが、

先頭を歩いていて途中で

行方が分からなくなりました。

警察は、英さんが遭難したとみて

捜索を続けていたところ、

途中の登山道からおよそ

160メートル下の斜面に

男性の遺体を発見し、14日、

家族が英さんと確認しました。

英さんの体には、

滑落した際にできた傷があり、

警察は誤って登山道から

斜面に転落したものと見て

詳しい状況を調べています。

まやまブログ

初心者

ご冥福をお祈り申し上げます。

 
 
 

皇海山で埼玉県の男性が山岳遭難(2019年6月9日)

初心者

皇海山で遭難という

ニュースがありましたね。

6月9日午前9時20分ごろ、

日光市足尾町鋸山から

皇海山への登山道付近で

埼玉県三郷市、職業不明

男性(68)が遭難したおそれが

あると110番がありました。

同日午後4時現在、

警察で捜索中とのことです。

まやまブログ

初心者

ご無事であることをお祈り申し上げます。

 
 
 

御神楽岳の蝉ヶ平ルートの沢で滑落死(2019年5月30日)

初心者

阿賀町の沢で男性が

滑落して死亡している

ニュースがありましたね。

登山に行ったとみられる

新潟県長岡市栃尾原町の

嶋幸雄さん(68)が行方不明になり、

警察などが捜索していたところ、

阿賀町の沢で倒れてるのが

見つかり死亡が確認されました。

警察は身元の確認を急いでいます。

まやまブログ

初心者

行方不明の届け出があったのは、

いつですか?

28日に家族から

「山登りに行くとのメモを

残したまま帰らない」と、

届け出がありました。

今月25日の夜から

26日の朝にかけて、

自宅を出たとみられます。

残したメモには「飯豊山」との

記載があり、

津川署が捜索していたところ、

29日に御神楽岳の蝉ヶ平ルート

登山口駐車場で、

車を見つけました。

30日も早朝から捜索したところ、

午前9時20分ごろ県警の

ヘリが沢で倒れている

のを発見しました。

まやまブログ

初心者

飯豊山と御神楽岳とでは

異なりますね。

身元確認中ですので

なんとも言えません。

またそれほど離れて山で

ないですから

行く山が変わったことも

考えられます。

また、フェイスブックの

友人で地元の方の情報によると

蝉平コースはいきなり沢筋の

ヘツリから始まり岩場や鎖場、

アリの門渡りと危険個所満載で

今時期でも残雪が残っているとのことです。

また、

御神楽岳の今頃は頂上付近にタ

ムシバが咲き誇り、

飯豊、朝日、福島の山々、

尾瀬の山々、河内山塊と

素晴らしい展望ですが、

虫が半端なく口の中まで

入ってきます!

登るなら室谷からのコースで

涼しい秋がお薦めです!

もちろん、

岩慣れした方は蝉平コースが

楽しいでしょうが

くれぐれも慎重に

あのグレートの方が

生きてて良かったと

思わず口から出た位です。

とも言われていました。

まやまブログ

初心者

登山行くときは登山届のみならず、

身近なひとへの声掛けも必要ですね。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 
 
 

富士山で疲れて動けない20歳男性通報あるも自力下山で連絡なし(2019年5月22日)

初心者

昨日、富士山で遭難救助中に

20歳男性が自力下山していて

連絡をしなかった

ニュースがありましたね。

朝から富士山の登山をはじめて、

昼に8合目から

「疲れて動けない」と

救助要請の連絡を

入れたものの

自力下山ができて

そのまま電車で帰宅し、

東京都内の自宅に

着いてから

無事下山の連絡を入れた

というニュースでしたね。

まやまブログ

初心者

ヘリコプターによる救助活動ですか?

天候が悪くてヘリコプターの捜索が

できずに県警の救助隊員6名が

5合目から救助に向かいました。

まやまブログ

初心者

下山できたのであれば

事前に連絡を入れるべきですよね?

そのとおりですね。

動けないとの通報ですと、

まだその場に居ると

思い捜索をしてしまいます。

下山途中に連絡を入れるなり、

遅くとも電車に乗る前の

下山時のタイミングで

連絡を入れてもらえれたら

良かったですね。

まやまブログ

初心者

無事でなによりですが、

いろいろ考えられるニュースでした。

 
 
 

滑落し動けず1週間「川の水飲んだ」男性救助(2019年5月21日)

初心者

昨日、京都で遭難救助の

ニュースがありましたね。

京都府警によりますと

12日頃から登山をはじめ、

翌日の13日頃に

滑落して15メートルの

崖下に滑落して動けなくなったようです。

携帯電話を所持していなかったのか

紛失してしまったのか、

電池が切れてしまったのか、

ということはわかりかねます。

19日午前9時50分ごろ、

京都市右京区京北上弓削町の

大阪府交野市の男性(40)が

動けなくなっている

のを、登山中の2人組が

発見して110番通報

されたようです。

まやまブログ

初心者

12日入山して19日に救助ですと

かなり時間が経過してますね。

同府南丹市の佐々里峠から

入山したとのことです。

13日に滑落したとのこと

ですので

数日の山行予定のあった

状況ですね。

ですので、

救助が来るまでのの

6日間は

非常食と

川の水を飲んで、

飢えをしのいでいたことになります。

以上の経過となります。

まやまブログ

初心者

けがはなかったのですか?

意識ははっきりしているが、

手や腰の骨が折れている

可能性があり、衰弱していた

そうです。

まやまブログ

初心者

無事でなによりです。

 
 
 

群馬県の片品村・至仏山で登山ガイド助手女性が滑落し軽傷(2019年5月6日)

初心者

群馬県の至仏山で

女性登山ガイド助手が滑落して軽傷を負った

ニュースがありましたね。

雪の斜面を5メートル滑落して、

左肩を脱臼しました。

登山ガイド助手とはいえ、

雪山では滑落の危険は

つきものです。

まやまブログ

初心者

ビバークして一夜を過ごして

翌朝に119番したそうですが?

客2人と登山歴35年の経験を持つ

65歳の夫と登山されていたようです。

5月3日の午後2時頃の

山頂から移動する途中での事故で

翌朝4日の午前7時20分頃に夫が

通報した模様です。

ビバークして翌朝の通報に

つきましては、

ガイドですから、

状況を把握したうえで

最善の対策をとられたと

理解しております。

まやまブログ

 
 
 

福島県の会津駒ケ岳で男性57歳が病死?(2019年5月5日)

初心者

福島県の檜枝岐村で会津駒ケ岳で

登山中の病気による死亡事故の

ニュースがありましたね。

埼玉県新座市の57歳の男性が心肺停止状態で、

ヘリで救助され病院に運ばれましたが、

死亡が確認されました。

外傷などがほとんどないことから、

病死と判断されておりますが、

詳しい死因はまだわかっていません。

まやまブログ

初心者

高度障害などの影響もあるのですか?

会津駒ケ岳は標高2133メートルですから、

高度障害は概ね2400メートル以上の

高山に登り酸欠状態に陥った場合に、

さまざまな症状が現れます。

特に海面近くの標高から2500メートルの

高地へ1日の内に

移動すると発症しやすくなります。

ただし、人によっては

2000メートル前後の標高でも

発症することがあります。

まやまブログ

初心者

高山病で気をつけることはありますか?

あまり知られていませんが、

2400メートル以上の高地に

移動した日は、

すぐには休憩しないことです。

30分から1時間ほど歩きまわることで

人体の高所順化を促すことが

できます。

また、水分補強ももちろん必要で

目安としては体重1kgあたり

1時間に5mlと言われており、

体重60kgの成人男性の場合

1時間に300mlが必要となります。

まやまブログ

初心者

知りませんでした、有難う御座います。

10連休のGWも残りわずかとなりました。

気が緩みがちなときに山岳事故に限らず、

アクシデントは起こりますので、

お互い気をつけましょうね。

まやまブログ

 
 
 

秋田県の太平山で20歳男子大学生が滑落(2019年5月4日)

初心者

秋田県で20歳の男子大学生の滑落ニュースがありましたね。

秋田県内の太平山で5月3日に

20メートル下にある沢に滑落して、

4日早朝の午前5時30分頃に

防災ヘリで救助されました。

まやまブログ

初心者

救助されなによりです。

怪我はなかったのですか?

胸椎骨折などの重傷で

歩くこともできなかったようです。

まやまブログ

初心者

男子大学生は単独で登山されていたのですか?

6人グループで山頂に到着後の、

下山に事故が起こりました。

同グループの2人が助けようとして

沢から戻れなくなり

同様に救助されたとのことです。

まやまブログ

初心者

2人の大学生に

怪我がなくなりよりです。

事故が起こった場合は

二次災害はもっとも避けるべきこと。

仲間思いな2人かと思われますが、

まずは冷静になることが必要です。

まやまブログ

初心者

滑落した男子大学生は

早く元気になってもらいたいものです。

まだまだ人生長い学生ですからね。

生きてさえいれば

また笑って過ごせる日が

すぐにきます。

まやまブログ

 
 
 

群馬県の荒船山と三笠山で男性2人が死亡(2019年5月3日)

初心者

群馬県で男性2名の遭難ニュースがありましたね。

群馬県内の1件は上野村にある三笠山で

令和元年の初日に初日の出を見るために

登山に出たが帰らぬ人となりました。

同県でのもう1県は遭難滑落の多い

荒船山です。

遠くから見ると軍艦のような

真っ平な山なのですが

舟の先端にあたる

艫岩(ともいわ)という崖での

事故が多くなってます。

まやまブログ

初心者

人気漫画クレヨンしんちゃんの作者が

滑落して死亡された山と同じですか?

まさにそうです。

2009年の事故ですがあらゆる疑問点が

残ってる遭難事故でしたね。

まやまブログ

初心者

疑問点とは何ですか?

①家族証言の滑落事故日以降に携帯電話の電波を確認した

②電車で行ったのか、車で行ったのか不明

③なぜ荒船山に行ったのか

という点です。

まやまブログ

初心者

それで、自殺ではと噂になった

山岳事故でしたのですね。

群馬県は長野県と新潟県に隣接していて、

遭難滑落の多い谷川岳と妙義山がありますので

魔の山域でもありますので

事前に山行を計画するには

事前に下調べをして出かけるのが望ましいですね。

まやまブログ

 
 
 

山形県村山市の19歳男性普段着のまま山に入り山岳遭難(2019年5月3日)

初心者

山形県で19歳の男性の遭難ニュースがありましたね。

標高1015mの甑岳(こしきだけ)に入山して

疲労のために歩けなくなったようです。

登山の標準所要時間は、

合計2時間で

距離にすると

登山口から山頂までは

3.8kmです。

まやまブログ

初心者

普段着のままで食料も持参していなかったそうですね?

食料無しで5月2日の午後5時に

警察に携帯電話で連絡を入れて、

発見されたのが5月3日の午前6時過ぎ

ですから一晩を過ごしたのですから

辛かったと思いますよ。

まやまブログ

初心者

登山は初心者だったのですか?

そのようですね。

19歳とまだ若いのですから、

一刻は登山を嫌いになるかもしれませんが、

登山に対する姿勢を学び

また山に挑戦し続けてもらいたいものです。

まやまブログ

2 COMMENTS

northernalps

櫻井様

コメント有難う御座います。
相当の経験者であることは文面をみれば
おおよそ把握がつきます。
おっしゃるとおりで
ピッケルもいざというとき使えるか否かですね。
「あっ」とした瞬間に基礎訓練の賜物を
どのように活かせるかが大切となります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。