【おすすめ・登山装備】スノーバスケット選び方(2019年最安値)

スノーバスケットの選び方おすすめ


トレッキングポール

初心者

ところでスノーバスケットとは何ですか?

夏用とはどのように違うのですか?

スノーバスケットとは

トレッキングポールが

雪に埋もれるのを防ぐ深雪用バスケットです。

夏用よりサイズが大きくなりますので

浮力が増します。

反対に深雪でないときに装着すると

岩場などで引っ掛かってしまいとても不便です。

パウダーバスケットと呼ばれることもあります。

まやまブログ

初心者

市販のトレッキングポールには

購入時から付属されているのですか?

ほとんど付属されていないですね。

そのため、別売のパウダーバスケットを

トレッキングポールの先端に

取り換えることになります。

まやまブログ

初心者

スノーバスケットの取り換えだけなら

簡単にできますね。

簡単なはずなのですが、

けっこうコツがあったりと

難しい場合もあります。

以前、スノーバスケットの

トレッキングポールについて

LINEオフィシャルから

ご質問がありました。

同じような疑問を抱いている人も多いと

思われますので回答させていただきます。

まやまブログ

パウダーバスケットを

Amazonで購入しました。

夏用のバスケットは

取り外しを試みたところ、

おおよそ2本のストックを外すのに

30分以上かかりました。

そして、購入したパウダーバスケットを

取り付けようとしたところ

回しても回しても

くるくる回しているだけで

結局取り付けを諦めてしまいました。

以下のような質問をさせていただきました。
 
・購入したバスケットは純正品ですか?
 
・トレッキングポール(ストック)のメーカーは?
 
・男性ですか?女性ですか?
 

まやまブログ

女性です。

トレッキングポールは

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)です。

安価であったため非純正品を

購入しました。

質問者が女性ということで

以下のような回答をさせていただきました。

 

スノーバスケットを取り付ける際に

夏用のバスケットを外し

雪山登山用のバスケットに装着する

女性の作業としては正直大変なのは事実です。

ただ、30分はかかりすぎで、

夏用のバスケットを外す際に

時計周りや反時計周りに

何度も回していませんでしたか?

正論としては、ひたすら

反時計周りにまわすということです。

また、引っ張りながらという点も重要なポイントです。

反時計周りにひたすらまわすということです。

スノーバスケットは

非純正品でも「たいがいは」

取り付けは可能です。

ですが、トレッキングポールと同メーカーで

純正が相性が良いのは間違いありません。

また、結局取り付けを

諦めてしまったとのことですが、

再度、滑り止め付きの軍手と

ひたすら時計周りにまわして

その際には、

ストックを両腿で挟み込み

固定させることもポイントです。

 

以上の方法を

試みてくださいとアドバイスさせて

いただきました。

そのところ、

翌日、無事に取り付けられたという

ご報告がありました。

まやまブログ

初心者

おそらく私もスノーバスケットの

取り付けに苦戦しそうです・・・。

あまり力がありすぎる人の場合は

ネジ穴の溝がつぶれてしまったり

するので気をつけましょうね。

まやまブログ

初心者

どういう意味ですか(怒)

・・・(汗)

まやまブログ

今回は「スノーバスケット」について

僕なりの意見を書いてみました。

同じ山岳救助隊員のなかでも僕と意見は異なる人もいますし、

同じ意見の人ももちろんいます。

是非、これから初心者にも雪山の楽しみをしってもらいたいです。

まやまブログ




MEMO

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) パウダーバスケット/ブラック BD42080

雪面に突き刺さらないように設計された直径100mmの積雪期用バスケット。

重量:38g(1ペア)

メーカー品番:BD42080

JANコード:0793661217206

[0080_BD42080]

ブラック トレッキングポール トレッキング 登山

ストック・ステッキ用アクセサリー

アウトドアギア

MEMO

・手持ちのストックのメーカーが違うため

グルーガンで接着し使用していますが大変快適です。

・軟雪の丹沢で普通のバスケットでは通用しないことを実感。

・柔らかい雪でもバスケットで止めてくれて目的はバッチリ。

・取り付けのネジ穴もうまくフィットし、ほっとしています。

・雪山をされる方には必携品です。

・1000メートル級の低山といえども、

深雪(新雪)時の歩行にはやはり、

夏用のバスケットからパウダーバスケットに

変えてポールを使用する事に越したことはありません。

夏・冬、使い分け用として1セットは

手元に置く事をお勧めします。

初心者の方でティッププロテクター BD82090 を

つけたまま本製品を使っている方が

見受けられます。

雪氷面ではティップを出して使いましょう。

 
Black Diamond(ブラックダイヤモンド) パウダーバスケット BD42080
 
の最安値は以下の『価格.com』より

商品名を入力せずに調べることができます。
 
※現状が売切にて商品表示がなされない場合もあります
 

 
 
トップへ戻る
 

まやまブログ



トレッキングポールの選び方


トレッキングポール

今回は『トレッキングポール』と『スノーバスケット』について

書かせていただきます。

まやまブログ

初心者

トレッキングポールは

どのように選べば良いですか?

①グリップヘッドI字型

・T字型よりバランスをとりやすいため

 

②カーボン素材

・アルミより軽く腕の負担が軽減されるため

 

③折りたたみ式

・使わないときにザックにしまえるため

 

④ワンタッチロック

・スクリュータイプより長さ調整がしやすいため

・冬山で凍ってしまうことが少ないため

 

となります。

まやまブログ

初心者

トレッキングポールの使うときの

長さについての

コツなどがありましたら

教えてください。

 
①平坦な場合はそのまま
 
②登りは10cm短く
 
③下りは10cm長く
 
となります。

事前の長さ調整は大切ですが

グリップ部分の持ち方を

工夫すれば

ある程度は短く持ったり

長く持ったりできます。

まやまブログ

初心者

種類がたくさんあるなかで

トレッキングポールを

1つに絞るとしたら

選ぶ基準はどのような点ですか?

トレッキングポールは

適材適所で使いわける

べきと考えていますが、

1つで何役もこなせる

汎用性が高い商品を選べば

間違いないと言えます。

基準としては、
 
・スノーバスケットの交換が可能で雪山にも使えるといった点
 
となります。

まやまブログ

初心者

冬山はピッケルを

使うのかと思いました。

それも適材適所となります。

3000メートルを超える稜線では

深雪はありませんので

トレッキングポールは

必要ありません。

ただ、豪雪地域や稜線までの

登山道で雪が深い場合や

スノーシューでの雪上歩行の際には

スノーバスケットを付けた

トレッキングポールは

かなり重宝します。

パーティで行く場合、

リーダーまたは先頭になる人が

雪が深い登山道を歩く時には

トレッキングポールの

ダブルストックでかなりの

効果があります。

ワカンとも相性が良く、

馬力がでます。

トレッキングポールは

標高が高い山の稜線では

ピッケルに変えることなり、

荷物が増えますが

雪の深い登山道などでは

ピッケルですとズボズボと刺さらず

なんら効力がありませんので

貴重なアイテムとなります。

このようにトレッキングポールは
 
・雪山ではトレッキングポールの深雪用バスケットへの交換が必要
 
・雪の深い登山道やラッセルでダブルストックで効果有り
 
となります。

まやまブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。