お気に入り登録方法はこちらをクリック

新型コロナウイルス感染者の体験談⑤

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス感染者の体験談⑤

若者にも新型コロナウイルスの感染者が広がる中、「なかなか検査を受けられない」という声が相次いでいます。4月に感染が確認された20代の女性も、もっと検査の対象を広げてほしいと話しています。
夜中に発熱したので次の日に近隣のかかりつけ医に行ったんですけど、コロナの症状が特になく発熱だけだったので、インフルエンザを疑われてインフルの検査をしたんですけど、陰性で。おうちに帰ってそのまま経過観察ってなって、熱はその後すぐ下がったんですね。肺炎も呼吸器症状も特になく本当に発熱だけだったので、ふつうのかぜかなって思ってたんですよ。
インフルの症状もなかったので解熱してから2日たっていたし、お仕事行こうと思って。電車に乗ったら気分が悪くなったので、駅で降りてトイレに行ったら、トイレのにおいがしなくて。持ってた飲み物を飲んでも味がしなくて、これはまずいなと思って。どうしようって気持ちでした。急に嗅覚と味覚がなくなってしまったので。徐々にではなく。
帰国者接触者相談センターのほうに最初電話をしたんですが、渡航歴も濃厚接触者でもなかったので、そこでは特に取り扱ってもらえず、保健所のほうに電話しました。保健所に相談したんですけど、発熱もおさまってて嗅覚と味覚の異常だけなので、「検査できません、経過観察で」ってなってしまって。

私このまま仕事に行っていいのかな、どうしたらいいんだろうっていう…。

ただ、保健所から教えてもらったこととしては、「近隣のかかりつけ医からPCR検査ができる病院を紹介してもらうしか、今のところ(検査を)受けられそうな方法はないと思います」っていうアドバイス的なものをいただいたので、かかりつけ医に電話して、「どうしたらいいですか」って相談したら「来てください」ってことで行ったんですよ。

そこの病院もちゃんと管理をされていたので、まず入り口でインターホンを押して一般の人とは違う入り口から病院の中に入って完全な隔離をする形で。

レントゲンとってコロナの症状はなかったんですけど、嗅覚と味覚の異常があるのでってことで、検査をできる病院に紹介状書いてもらって検査できるところに直接行ったって感じですね。「仕事もあるので検査してもらわないと大変です」って、かかりつけ医にけっこう言ったので、それで紹介してもらえました。

嗅覚と味覚の異常に気付いたのが7時ごろだったんですよ、朝の。そこから検査できたのが夕方4時ぐらいで。検査をしてから家に帰って、検査結果が出るまでは自宅でって形で、結果は3日後ぐらいに出ました。陽性でした。
友達と、私が発熱する2日前までずっと一緒にいて、発熱してからは会ってないんですが、この友達にも嗅覚と味覚の異常が、私が発熱した3日後ぐらいに出始めて。彼女は発熱もせきも全くなく、嗅覚と味覚の異常だけ。

私が陽性になった時点で濃厚接触者なので保健所に連絡をしたんですけど、住んでいる市が違うので「管轄が違うんです」ってことになって。私が住んでる(地域の)保健所から、その子が住んでる保健所のほうに連絡をして、その保健所からその子に連絡ってなったんですけど、その子が住んでいる地域だと、嗅覚と味覚の症状だけの人が多くて、それ以外の症状がないと検査を受けられませんっていう感じで。その子は検査は一度も受けてないです。いまだに受けてなくて。食料の買い物は出てたみたいですけど、家にずっといました。「私、陽性なのかな。仕事に行けない」って言ってました。

濃厚接触者なのに(検査)できないんだなって思うと、保菌者かもしれないので、ちょっと不安ですよね。それほど医療現場が圧迫されてるんだなって思います。
私みたいな20代だと特に持病もないので、悪化したりとか呼吸苦が出たりとかはしないんですけど、高齢者とか重症化しちゃうような人たちに、知らないうちに広げるっていう怖さはありますね。広げるリスクがあるということはかなり危険だと思うので、症状が出ているのであれば検査できるようになったらいいなと思います。

特に濃厚接触者がいる場合は、必ず検査した方が広めるリスクは少ないかなって思うので、できれば濃厚接触者から先に検査をしてほしいなと思います。


出典元:感染した20代女性「検査を広げてほしい」
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/testimony/detail/detail_07.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。