【まとめ・天気情報】登山ニュース・山岳救助隊まやまブログ(2019年最新情報)

登山ニュース

10連休序盤、高い山は軒並み雪 登山計画は慎重に(平成31年4月25日追記)



注意

27日(土)からGW・10連休が始まります。登山を計画している方もいらっしゃるかと思いますが、連休序盤は強い寒気の影響で、高い山で雪の所が多くなりそうです。

27日(土)朝には、上空1500m付近で0℃以下の冷たい空気が日本列島の広い範囲を覆います。能登半島の輪島上空は3月上旬並みの-5℃前後まで下がる予想です。春先と考えれば高い山は雪になるのは必然。最新の注意が必要になります。

北海道や東北は1000~1500m級の山でも雪になりそうです。大雪山系や八甲田山などはもちろん、栗駒山や磐梯山あたりまで雪が降ってもおかしくありません。

本州中部では2000m以上の山で雪の所が多い見込みです。武尊山や谷川岳あたりも山頂付近では雪。北アルプスは大部分で雪が降る予想となっています。

強い風や霧にも要注意

山頂近くや稜線では風も強く、吹雪で視界不良になることが考えられます。特に27日(土)の午前中が最も荒天リスクが高く、要注意です。

27日(土)後半から28日(日)は天気が回復するものの、冷え込みが強まることで、降った雪のコンディションが悪くなったり、霧が発生することがあります。

10連休序盤は登山には少し厳し目の天候が予想されます。最新の状況を確認の上、装備の確認や場合によっては予定の変更などを視野に入れ、慎重に計画を行ってください。

ゴールデンウィーク初日は風強く山は雪も(平成31年4月23日追記)



注意

24日(水)から26日(金)にかけて

低気圧が発達しながら日本海を進み、

次第に寒気が流れ込んでくるでしょう。

24日(水)から26日(金)は全国的に雨が降り、

26日(金)の午後からは北海道や東北、

北陸の標高の高い所では

雪の降る所もありそうです。

ゴールデンウィーク初日の27日(土)も

北海道や東北の日本海側、

北陸は雨で、山は所々で雪が続くでしょう。

風も強く吹きますので、

登山は控えた方が良さそうです。

関東から九州は天気が

回復して晴れますが、

沿岸部を中心に風が強いでしょう。

車の運転は横風に

流されやすくなりますので、

いつも以上に慎重になさって下さい。

28日(日)は北海道や東北、

北陸も晴れ間が戻り、全国的に日差しが届くでしょう。

ただ、晴天は続かず、

29日(月)は前線が本州の南海上に延びてくるため、

太平洋側を中心に雲が広がりやすくなりそうです。

九州を中心に所々で雨も降るでしょう。

30日(火)から5月1日(水)は全国的に晴れて、

お出かけにも良さそうです。

季節先取りの暑さ落ち着く

寒気の影響で、北海道や東北、

北陸は27日(土)以降は日中も

ヒンヤリする日があるでしょう。

東北北部などで桜が見ごろを迎えていますが、

お花見は暖かな服装が良さそうです。

関東から九州も季節先取りの暑さは落ち着き、

最高気温は20から23度くらいの所が

多くなるでしょう。

一方、沖縄は27日(土)以降は晴れて、

汗ばむ陽気が続きそうです。

以下のツイッター・フェイスブック・LINE@・Youtubeでも
最新の情報配信してますの宜しければご登録お願いします。

フェイスブックtwitterLINE@Youtube



トップへ戻る

まやまブログ

『まやまブログ@山岳救助隊Youtube』

『音声学習』として

登山初心者向けにセルフレスキューなどの

ノウハウが聞き流せますので

ご興味がありましたら

以下のYoutubeよりご登録ください。

※チャンネル登録宜しくお願い致します

 

Youtube

 

まやまブログ

初心者の方やはじめての方を対象に

テント泊や雪山登山に関する情報の精度リサーチ力を高める

『まやまブログ@山岳救助隊メルマガ』をやってます。

わからないことや質問などにもまとめてお答えしてますので

興味がありましたら

LINE@またはメールにて以下よりご登録ください。

まやまブログ

※限定公開記事は以下のLINE登録で記事閲覧のパスワード発行しますまやまブログ@山岳救助隊
【限定公開記事一覧】ネット通販での最安値を徹底比較こちら
山岳救助隊が教える装備一覧こちら

大型連休の登山、雪崩に注意 北アルプスなど、長野県警が情報(平成31年4月18日追記)



注意

長野県警は北アルプスや八ケ岳などで例年に比べ、

3~4月に降った雪が多く積もっているとして、

雪崩への注意を呼びかけた。

9日時点では、

北アルプス西穂山荘付近で約2・5メートル、

中央アルプス千畳敷付近で約3・5メートルの積雪があった。

同県山岳遭難防止対策協会の

山岳遭難防止アドバイザー、中嶋豊氏は

「4月に数十センチの降雪があり、

場所によっては例年の1・5倍のところもある。

4~5月は湿っていたりと雪質が

非常に不安定だ」と強調する。

同県では槍・穂高連峰や八ケ岳、

中央アルプスなど人気の雪山が多いが、

雪崩や滑落などに注意を要すると中嶋氏。

「雪崩は昼~午後にかけて起きることが

多いので、急斜面の下で休憩しないことだ。

アイゼンやピッケルなどの装備や

ビーコン(無線標識)も必要だが、

それらの使用法も含めて

雪山の訓練も必要だ。

初心者コースといわれる八ケ岳も、

雪山の場合経験者の同行を

必要とすることもある。

実力や技能に応じた山に行くことが重要だ」

山岳ライターの石丸哲也氏は、

「北アルプスの穂高岳周辺は、

欧州のアルプス的な登攀が楽しめ、

平坦な涸沢には

ゴールデンウイーク中にはテントが

びっしり並ぶほどの人気だ。

奥秩父や尾瀬も入山者が多いが、

頂上付近には雪が残っている

ところもあり、滑落の危険性はある」と語る。

準備万端で大型連休に臨みたい。

注意

長野県警は11日、

登山者が増える大型連休を前に、

北アルプスや八ケ岳などの

春山情報を発表した。

例年に比べ、3~4月に降った雪が

多く積もっているとして、

雪崩への注意を呼び掛けた。

県警によると9日時点で、

北アルプス西穂山荘付近で約2.5m、

中央アルプス千畳敷付近で約3.5mの

積雪があり、

例年より比較的多めという。

昨年の連休期間中(4月28日~5月6日)には

15人が遭難、うち1人が死亡した。

今年は改元に合わせ登山する人が増える

可能性もあるとして、パトロールを強化する。

県警は、過去の遭難発生や危険箇所を

まとめた冊子を4千部作り、

首都圏の山岳用品店などで配る。

長野県警平成31年春山情報の冊子は以下より
PDF:4,620KB

【出典元】山岳情報/長野県警察

阿蘇山が噴火噴火警戒レベル「2」を維持(平成31年4月16日追記)



注意

熊本県の阿蘇山が噴火した。

気象庁は、

噴火警戒レベル「2」を維持し、

火口から1キロの範囲では

大きな噴石や火砕流に

警戒するよう呼びかけている。

気象庁によると、

阿蘇山の中岳第一火口は

16日午後6時28分ごろ、噴火した。

気象庁は中岳第一火口から約1キロの

範囲には立ち入らず、

大きな噴石や火砕流に

警戒するよう呼びかけている。

また、風下側では、

小さな噴石や火山灰が

風に乗って降る恐れがあり、

注意が必要。

阿蘇山が噴火するのは

2016年10月以来、

約2年半ぶり。

阿蘇山では、

4月14日に地下の熱水やマグマなどの

動きを示す「火山性微動」が

やや大きくなり、

また火山ガスが多い状態が続いていたため、

気象庁は4月14日に

噴火警戒レベルを

「1」から「2」に引き上げ、

警戒を呼びかけていた。

【出典元】日テレNEWS4/16(火) 18:57配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。