【まとめ・高尾山】最新情報と登山ニュース

北島三郎


【まとめ・高尾山】最新情報と登山ニュース

高尾山を代表する焼き菓子「天狗(てんぐ)焼」(2019年3月11日追記)

天狗焼き
まやまブログ


以下のツイッター・フェイスブック・LINE@でも
最新の情報配信してますの宜しければご登録お願いします。

フェイスブックtwitterLINE@
まやまブログ

3月9日、販売開始から500万個を達成した。

当日は「天狗焼」を買い求める

人で長い行列ができた

 「天狗焼」は、

高尾登山電鉄(八王子市高尾町)が

高尾山ケーブルカー・

高尾山駅横で運営する「高尾山スミカ」で

2007年4月から販売。

黒豆を使ったあんと天狗の姿が

特徴となっている。

当日は500万個の達成が目前となった

ことを記念して、発売当時の120円で販売。

多くの登山客らが買い求めに並び、

店の前には長蛇の列ができるほどだった。

14時過ぎには販売個数が500万個を達成。

それに合わせて、販売コーナーの横に

設けられた特設ステージでは、

ちょうど500万個目を買い求めた客に対して、

同社の船江栄次社長から記念品を

贈るなどセレモニーが行われた。

500万個目を買い求めたのは、

横浜から初めて高尾山に登りに

来たという高岡さんだった。

登山帰りに立ち寄ったといい、

「こんなことになるとは思っていなかった

忘れられない思い出になった」と話す。

 「高尾山スミカ」の前身である食堂

「香住(かすみ)」の時代から販売している

「天狗焼」。船江社長は、

「黒豆は非常においしいもの。

それをいかにおいしく炊いて、

皆さまに提供できるかを考え開発した。

高尾山名物ということでご愛顧いただいている」

と話し、「12年かかったが、500万個の大台に

乗ったのは本当にうれしい。

感謝以外に何もない」とも。

「『高尾山スミカ』は八王子の産品や

八王子の姉妹都市である苫小牧市、

日光市の産品なども積極的にPRする拠点。

行きにも帰りにもお寄りいただきたい」

とアピールする。価格は140円。

トップへ戻る

まやまブログ@山岳救助隊

高尾山登山マップエリア改訂(2019年2月26日追記)

高尾山登山マップ
まやまブログ


以下のツイッター・フェイスブック・LINE@でも
最新の情報配信してますの宜しければご登録お願いします。

フェイスブックtwitterLINE@

トップへ戻る

まやまブログ@山岳救助隊
まやまブログ

登山家が作成している「登山詳細図」

シリーズの高尾山エリアが改訂され、

このほど販売が始まった。

裏面に隣接する相模原市緑区の

「石老山・石砂山・日連アルプスエリア」

を新たに追加した。

同シリーズは、2011年から

登山家の守屋二郎さんと、

父親で日本勤労者山岳連盟顧問の

益男さんがボランティアの協力を得て、

首都圏の山域を対象に作成している。

主要登山道のほか、

「道迷い」の防止を兼ねて

未整備のバリエーションルートも

網羅しているのが特徴だ。

高尾山エリアは2度目の改訂になり、

18年4~12月に再踏査した。

掲載コースは82から112に増えた。

気軽に楽しめる低山が連なる

石老山・石砂山・日連アルプスエリアは

20コースが紹介されている。

利用者の要望を受け、

縦三つ折りから四つ折りに

変更してコンパクト化も図っている。

縮尺は1万2500分の1。

吉備人出版から900円(税別)で販売され、

主要書店や登山用品店で扱われている。

問い合わせは

同出版・東京出張所

電話0422(38)7902。

まやまブログ


以下のツイッター・フェイスブック・LINE@でも
最新の情報配信してますの宜しければご登録お願いします。

フェイスブックtwitterLINE@

参考文献:三浦雄一郎 終わりなき冒険 〜80歳 エベレストに挑む〜 BD

トップへ戻る

まやまブログ@山岳救助隊

高尾山口駅でCG女子高生Sayaの「おしゃべり案内板」

saya
まやまブログ

さてさて、

本日はあのCG女子高生のSayaが

今回は『京王線高尾山口駅でおしゃべり案内』についての

ニュースを書かせていただきます。

初心者

え~、あの実物と見分けがつかない

かわいい女の子ですよね。

いつからですか?

まやまブログ

2018年12月21日から2019年3月22日までの

4ヵ月間です。

初心者

寒い時期ですね。

できれば高尾山の紅葉シーズンのほうが良かったですね。

まやまブログ

そうですね。

ただ、高尾山は年間300万人が訪れる世界一の山ですから

いつでも人は集まると思いますよ。

高尾山の自然図鑑

初心者

外国人もたくさん訪れますからね。

CG女子高生のSayaは外国語も話せるのですか?

まやまブログ

外国人の質問にも答えてくれます。

高尾山への登山に関する情報案内もしてくれます。

ドコモのAIエージェント基盤で対応してます。

NTTドコモはタッチと音声による操作に対応した

多言語AI案内サービスを設置します。

設置場所により姿や話す内容が異なります。

初心者

AIってすごいですね。

まやまブログ

そうですね。

実験では、インタラクティブな要素を備えた

案内板を高尾山口駅の改札横に設置することで、

案内スタッフの稼働の削減やインバウンド対応の

支援について効果が検証されます。

人件費削減にも役に立ちます。

人間の仕事がAIに奪われる時代になりますよ。

初心者

ということは、

まやまブログ@も将来的には

3DCGの「Mayama」に奪われますね。

まやまブログ

上手いこと言いますね。

でも、こういった3DCGの「Saya」が対話をする

おしゃべり案内板は

一般に開放する形でははじめてのようですから

時代がどんどん変わっていき、

本当にAIに人間の仕事が奪われていくかもしれませんね。

まやまブログ

CG女子高生のSayaの動画がありますのでURLは以下のとおりです。

【出典元】ミスiD 2018 saya 050-2 /132

まやまブログ


以下のツイッター・フェイスブック・LINE@でも
最新の情報配信してますの宜しければご登録お願いします。

フェイスブックtwitterLINE@

トップへ戻る

紅葉狩りの季節高尾山標高599メートル(2018年11月1日追記)

高尾山
初心者

高尾山には秋の紅葉でたくさんの人が訪れたようですね。

まやまブログ

紅葉狩りの季節。でも渋滞や人ごみは自然の静けさを半減させる。

そこで、紅葉目前、あと一歩、という山の色を楽しみに高尾山に行ってみた。

まだまだ緑の樹々、その合間合間で色づく葉。

まさに季節が変わっていく過程を感じる景色もまた楽し。

東京都八王子市にある高尾山は、標高599メートル。

フランスの旅行ガイド、緑のミシュランガイドブックでも、

最高評価の三ツ星に輝く“観光地”としても有名で、

年間の登山者数は約260万人と、実は世界一の山だという。

都心から電車でも車でも1時間前後。たっぷり登山気分が味わえるコースも、

ケーブルカーやリフトで上り下りする方法もあるから、

どんな人でも楽しめるのが人気の理由かもしれない。

今回は、数あるコースの中でも最も“登山者向け”と言われる「稲荷山コース」で上ってみた。

この登山道、元は林業用の道だったといい、登り始めると

、杉やヒノキ林の中で存分に森林浴ができる。

確かにゴツゴツした岩や大きな木の根が張った場所、

急こう配の階段などが随所にあり、雨の後などは滑りやすいところもあるから、

しっかりした靴が必要だが、登山の経験がある人にとってはハイキング気分で登れるコース。

山が初めて、という人なら“達成感”が味わえる山道と言えるかもしれない。

高尾山の紅葉のピークは11月中旬から。杉やヒノキなど常緑樹も多い稲荷山コースでは、

今はまだ所々色づいた葉がある程度だが、山頂まで上れば真っ赤になった木々も楽しめる。

帰途は、吊り橋を通る4号路を下りて展望台へ。そこからリフトで下山。

登山口である高尾山口の駅には3年前に新しい温泉施設ができており、疲れた身体を存分にほぐせる。

早朝に出発して8時過ぎから登れば、帰途展望台付近でのんびりお昼を食べて下山しても、

午後1時過ぎにはすでに温泉。余裕をもって休日を過ごすことができる。

トップへ戻る

まやまブログ


以下のツイッター・フェイスブック・LINE@でも
最新の情報配信してますの宜しければご登録お願いします。

フェイスブックtwitterLINE@
まやまブログ@山岳救助隊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。