はじめてのワカン選び方おすすめ(最安値・令和)

ワカン

第11回:ワカン・スノーシュー・アイゼン・軽アイゼンチェーンスパイク

さてさて、第1回から第11回といろいろ書いてきましたが、

はじめての雪山登山はこうしてみると

揃えるものも多いですね。

今回は

『ワカンとスノーシューとアイゼンと軽アイゼン(チェーンスパイク)』

についての話題を書きます。

はじめての雪山への挑戦をテーマに書かせていただきます。

まず、雪山がはじめのシニア・高齢者夫婦・山ガール・単独男子を

対象として書いていきますので中級者や上級者の参考にならない

記事となることをはじめに伝えておきます。

まやまブログ

初心者

冬山装備としては全部必要になるのですか?

そうとも限りませんので順番に説明していきます。

まやまブログ

 
 

ワカンについて

ワカン
 
 

まず、ワカンとはかんじきのことです。

日本昔話の物語で出てくるような木で作られた

東北地方の山奥の雪に覆われた冬山で利用されている

アレを思い出してもらえればわかりやすいと思います。

ツボ足(何も付けて登山靴のまま)より浮力が強く

雪に沈まらないことが特徴です。

木製(今は売ってない)より

アルミなどの金属製を耐久性や見栄えをふまえて

おすすめします。

まやまブログ

 
 

スノーシューについて

スノーシュー
 
 

スノーシューとはワカンより更に雪に沈まらない道具です。

メリットはなだらかな雪上歩行の場合は右に出る道具はありません。

デメリットは傾斜面では滑りやすいのと値段が2~3万と高価となります。

まやまブログ

 
 

アイゼンについて

アイゼン
 

アイゼンとは氷に対して引っ掛ける道具です。

ですので、ワカンやアイゼンといった浮力はほとんどありません。

ただ、稜線上やピークハントには欠かせない雪山装備のひとつとなります。

アイゼンなくして雪山は制せずとでもいいましょうか。

また、ワカンやスノーシューと違い必ず携帯しないと命の危険が

伴う一番大切な装備です。

爪の数に対しては賛否両論では御座いますが、

僕は前の記事でも12本爪をおすすめしております。

まやまブログ

 
 

軽アイゼンについて

おすすめ登山アイゼン
 
 

まず、軽アイゼンとは

4本爪や6本爪がメインの夏山登山靴に装着できる道具をいいます。

秋の終わりで沢などが凍結している箇所や

また、白馬岳の大雪渓などの凍結個所がある際には

は非常に優れたアイテムです。

しかしながら、活躍する場面が少なく本格的な雪山登山では

危険を伴う道具となります。

賛否両論では御座いますが、

僕は前の記事でも書かせていただきましたが、

凍結個所のある登山が前もってわかっているならば、

12本爪のアイゼンおよびアイゼンと相性の良い冬用登山靴をおすすめしております。

理由として、万が一に気温が思ったより下がり、強風な場合、

夕方まで山行が長引いてしまったときなどは

登山道がアイスバーン化してしまいます。

そんなときは4本爪では6本爪の軽アイゼンでは

非常に危険となる場合があります。

まやまブログ

 
 

チェーンスパイクについて

 
 

軽アイゼンより簡易で歩行時にずれやすい道具となります。

個人的には購入の必要がないとも言えます。

まやまブログ

初心者

たくさんあるので少し整理できなくなりました。

必ずそろえないとならない装備は何ですか?

 
 

ワカンスノーシューアイゼン軽アイゼンチェーンスパイク(まとめ)

 
 

雪山初心がまず必要となるのは、

登る山にも異なりますが

まずは12本爪アイゼンと冬山登山靴

そして、積雪の多い地域の稜線までのアプロ―チとして

ワカンが必要となります。

豪雪地ではスノーシューがもっとも優れているといえますが、

なだらかな登山道でないとおすすめできません。

ワカンを使用する場合は2本のストックも

必要となります。

その際に径のあるスノーバスケットも重要です。

雪山初心者が必ずそろえる装備としては、
 
 
・12本爪アイゼンと冬山登山靴
 
 
・登る山が深い雪であればワカン
 
 
がまずは必須と考えていただければ良いと思います。

以上、話が長くなりましたが

今回は第11回として

「ワカン・スノーシュー・アイゼン・軽アイゼン・チェーンスパイク」について

僕なりの意見を書いてみました。

同じ山岳救助隊員のなかでも僕と意見は異なる人もいますし、

同じ意見の人ももちろんいます。

是非、これから初心者にも雪山の楽しみをしってもらいたいです。
 
 
山岳救助隊がおすすめするワカンの商品は
マジックマウンテン トレースライン ブラックTJWN01 L

まやまブログ

マジックマウンテン トレースライン ブラックTJWN01

『マジックマウンテントレースライン』

のレビューをまとめました。

まやまブログ


マジックマウンテン トレースライン ブラックTJWN01

マジックマウンテン トレースライン ブラックTJWN01

MEMO

歩行しやすいようにフレーム枠前方が上方へカーブしているアルミわかん。

靴へ固定するナイロンベルトはどんなブーツでも締められる丸環通し式で簡単です。

サイドの歯をフレームに固定しているのはスクリュー&ナットのため、

歯の交換が可能です。

歯とスクリュー&ナットはステンレス製なので錆び付く事がありません。

サイズ:M=長さ42cm/幅19cm、L=長さ45cm/幅19cm
重 量:M=460g(片方)、L=480g(片方)

 

性能・機能

MEMO

・同じマジックマウンテンのネイジュを使っていましたがこちらの方が歩きやすく感じます。

・急斜面に強く、なにより軽い。私の用途には合っています。

・パイプ径が若干細いのがどうかと思いましたがむしろ足捌きが楽に感じました。

マジックマウンテントレースラインブラックTJWN01

の最安値は以下の『価格.com』より

商品名を入力せずに調べることができます。

※現状が売切にて商品表示がなされない場合もあります

まやまブログ

以下のツイッター・フェイスブック・LINE@・Youtubeでも
最新の情報配信してますの宜しければご登録お願いします。

フェイスブックtwitterLINE@Youtube



トップへ戻る

まやまブログ

『まやまブログ@山岳救助隊Youtube』

『音声学習』として

登山初心者向けにセルフレスキューなどの

ノウハウが聞き流せますので

ご興味がありましたら

以下のYoutubeよりご登録ください。

※チャンネル登録宜しくお願い致します

 

Youtube

 

まやまブログ

初心者の方やはじめての方を対象に

テント泊や雪山登山に関する情報の精度リサーチ力を高める

『まやまブログ@山岳救助隊メルマガ』をやってます。

わからないことや質問などにもまとめてお答えしてますので

興味がありましたら

LINE@またはメールにて以下よりご登録ください。

まやまブログ

※限定公開記事は以下のLINE登録で記事閲覧のパスワード発行しますまやまブログ@山岳救助隊
【限定公開記事一覧】ネット通販での最安値を徹底比較こちら
山岳救助隊が教える装備一覧こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。