登山持ち物おすすめ口コミレビュー①(モバイルバッテリー)

モバイルバッテリー


登山持ち物シリーズ第1合目(モバイルバッテリー)

まやまブログ

モバイルバッテリー大容量ケーブル内蔵軽量10000mah

最安値は以下の『価格.com』より

商品名を入力せずに調べることができます。

※現状が売切にて商品表示がなされない場合もあります

まやまブログ

登山持ち物シリーズとして、

今回第1合目は『モバイルバッテリー』

について記載させていただきます。


以下のツイッター・フェイスブック・LINE@でも
最新の情報配信してますの宜しければご登録お願いします。

フェイスブックtwitterLINE@

参考文献:山と渓谷 2019年 02月号 [雑誌]

トップへ戻る

 

登山と携帯電話とモバイルバッテリー

 

初心者

登山には緊急時の連絡先として

携帯電話は常に持参が必要ですよね。

まやまブログ

はい、そうです。

登山口で車に置いたままに

するという登山者もいますが

万が一があったときに

外部と連絡取れませんから

必ず携帯するようにしてください。

充電のためのモバイルバッテリーも

同様です。

初心者

携帯電話は必ず持参するようにしてますが、

モバイルバッテリーは重いので持参はあまりしてません。

まやまブログ

カメラ代わり写真撮影やGPSでログを

取ったりせずに登山中は常に電源をオフ状態であれば

それでもかまいませんが、

電波の悪い山ではバッテリーを消耗しやすいので

注意が必要ですよ。

初心者

たしかに、数時間程度で下山できる山でも

下山したときにバッテリーがなく

慌てて充電することもよくあります。

今後は万が一に備えてモバイルバッテリーも

常に持参するようにします。

まやまブログ

望ましい選択ですね。

 

モバイルバッテリーの規制対象化について

 

初心者

先日、ニュースでモバイルバッテリーの

激安販売が取り上げられてますので、

買っておいたほうがいいですかね?

まやまブログ

持ってないなら

買っておいたほうがいいかと思われますが、

『PSE』マークがついてない商品は

安全面にリスクがありますので

買わないほうがいいですよ。

初心者

PSEとは何ですか?

まやまブログ

PSEとは、

Product Safety,

Electrical appliance and materialsの略で、

2001年に施行された電気用品安全法のことです。

要するに安全面が保証されている製品となります。

経済産業省の発表にもありますとおり、

2019年2月1日(金)以降は、

PSEマークのないモバイルバッテリーは

販売禁止(流通在庫を含む)となります。

経済産業省ホームページ
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/topics.html

 

モバイルバッテリー激安販売について

 

初心者

それで、激安販売が取り上げられているのですね。

まやまブログ

そのようです。

ただ、電気用品安全法に便乗してPSE商品も

現在セール価格になってますね。

 

TSUNEO モバイルバッテリー 10000mAh microUSBコネクタ 2ポート スマホ充電器 ブラック

 

初心者

登山に携帯するモバイルバッテリーで

おすすめはありますか?

まやまブログ

世間一般ではANKER(アンカー)が

1番性能が良いと言われていますね。

しかしながら、登山に特化しますと

軽いが1番です。もちろんPSE商品で。

また、大容量10000mAhのケーブル付きで

コンパクトで持ち運びしやすく

ライトニングとmicroUSBコネクタ付

2USBポートがあると便利ですね。

初心者

専門用語があまり得意でありませんので

よくわかりません・・・・。

まやまブログ

簡単に説明すると、

モバイルバッテリーが携帯を数回充電することができ

また、アイフォンやカメラの充電のケーブルが

モバイルバッテリー本体についているということです。

初心者

なるほど、

よくわかりました、有難う御座いました。

おすすめはありますか?

まやまブログ

電気用品安全法がありますので、

PSE商品のみの言及とさせていただきます。

実際に利用しているのは

モバイルバッテリー 10000mAh

となります。

モバイルバッテリー
初心者

PSEは付いてますか?(笑)

まやまブログ

付いてますよ。

モバイルバッテリー2
まやまブログ

性能で言えばANKER(アンカー)に劣りますが、

なんといっても軽さで重さ160gで大きさと薄さが

iphoneとほぼ同様ということからです。

ケーブルも本体に付いているので

普段している充電端子やケーブルは登山に行くときは

持参しないで済むからです。

初心者

お値段はどのくらいの商品がおすすめですか?

まやまブログ

なんとも言えませんが、

僕は半年前位に5000円程度で購入しました。

今は電気用品安全法PSEに便乗して

だいぶ安くなってますので失敗しました。

初心者

電気用品安全法PSEは

平成31年2月1日以降は、

PSEマークの無いモバイルバッテリーは

販売禁止(流通在庫を含む)みたいですね。

今の便乗セールのうちにひとつ以下の同じもの購入しておきます(笑)

モバイルバッテリー 10000mAh

まやまブログ

むむっ。

 

まとめ

 

まやまブログ

以上、今回は登山持ち物シリーズ第1合目として

「モバイルバッテリー」について

僕なりの意見を書いてみました。

[voice icon="http://northernalps.net/wp-content/uploads/2018/12/登山人_R.png" name="まやまブログ" type="r"]


以下のツイッター・フェイスブック・LINE@でも
最新の情報配信してますの宜しければご登録お願いします。

フェイスブックtwitterLINE@

参考文献:山と渓谷 2019年 02月号 [雑誌]

トップへ戻る

[/voice]
まやまブログ

参考動画は以下より

 

登山装備の選び方(トップ2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。