テルモス選び方おすすめ(2019年山専最安値口コミレビュー第18回)

山専テルモス


テルモス選び方おすすめ(2019年山専最安値口コミレビュー第18回)

まやまブログ

雪山初心者シリーズとして、

今回第18回目は『THERMOS(テルモス/サーモス)』

について記載させていただきます。

冬山では1つは必ず装備として持参するアイテムと

なりますので初心者にわかりやすく書かせていただきます。

THERMOS(テルモス/サーモス)の呼び方・違い

 

初心者
テルモスとサーモスは違いがあるのですか?
まやまブログ
ありませんよ。

ドイツ語ですと「テルモス」で、英語ですと「サーモス」です。

初心者
日常で使っている魔法瓶水筒で代用できますか?
まやまブログ
日帰り登山であれば対応もできますが、

やはり保温力が6時間程度となりますので

山専用がおすすめです。

6時間後でも多少冷めますが、

環境しだいではお湯として利用できます。

保温力を高める専用カバーを使用すれば

より長持ちします。

 

THERMOS(テルモス/サーモス)の種類と容量

 

初心者
冬山ではどのくらい水またはお湯が必要ですか?
まやまブログ
夏山に比べて冬山は喉が渇きにくいので

水分補給としては夏山より感覚的には少なくて

すみますが、こまめな水分補給は必要です。

そのため、日帰りでもテルモス内の容量をふくめて

1L~1.5Lは持参すべきですね。

初心者
テルモスの種類と容量を教えてください。
まやまブログ
種類については山専用テルモスは、

2種類ほどで性能も大きくは変わりありません。

容量は500mlと900mlがあります。

食事にも使うのであれば900mlをおすすめします。

一般的にカップヌードルに必要なお湯の容量は、

300mlです。

 

THERMOS(テルモス/サーモス)のポイント・メリット

 

初心者
お湯ではなくお茶や紅茶のほうが良いですか?
まやまブログ
お湯のほうが良いです。

テルモス内部の臭いが染みついてしまうことと、

味のついていないお湯のほうが

食事に使えることが大きな理由です。

温かいお茶や紅茶が飲みたいのであれば、

スティックタイプを持参するのが良いです。

 

THERMOS(テルモス/サーモス)登山用山専・魔法瓶や水筒との違い

 

初心者

山専用テルモスのメリットはありますか?

まやまブログ
キャップやボトルが登山用にできているため、

スノーグローブをつけたままでも使いやすくできてます。

コップ部分がノンスリップの素材を採用していることや

ボディ部分も握りやすく滑りにくい形状となってます。

初心者
山専用テルモスの選ぶポイントはありますか?
まやまブログ

こぼれにくく飲みやすいが1番です。

保温力を高める専用カバーとの相性もありますね。

種類はさほどありませんが

実際に手に取って使用してみて、

キャップの開閉具合や持ちやすさなどが

自分に合うものを選ぶべきです。

夏と冬または用途によって部品が交換できたり

カスタマイズできると利便性が増します。

初心者
実際にどのように使わていますか?
まやまブログ
僕の場合は500mlのテルモスを利用してます。

実際、お湯を入れて持参します。

ガスよりも対応が早く

便利な手段として利用できてますね。

また、保温力を高める専用カバーを利用して → 保温力は大差なし

行動時はザックにしまっています。

厳しい寒さの中での登山では、

いざというときには

暖かな飲み物が体と心を温めてくれますから。

初心者
冬山では雪を溶かして水にすると聞いたことがあります。
まやまブログ
何日も山にこもる場合などはそうしてますね。

ただ、ろ過しても味は純粋な水と比べると美味しくありませんよ。

 

THERMOS(テルモス/サーモス)のまとめ

まやまブログ
このようにTHERMOS(テルモス/サーモス)は

・各メーカーの山専用がおすすめ

・食事に利用するのであれば900mlが便利

・キャップの開閉を実際に試してみる

以上がおすすめとなります。

今回は第18回として「THERMOS(テルモス/サーモス)」について

僕なりの意見を書いてみました。

同じ山岳救助隊員のなかでも僕と意見は異なる人もいますし、

同じ意見の人ももちろんいます。

是非、これから初心者にも雪山の楽しみをしってもらいたいです。

 
 
THERMOS山専用ステンレスボトル500mlFFX-500
の参考動画は以下より
 
 

 

登山装備の選び方(トップ2)

THERMOS サ-モス 山専ボトル 500ml BGDバーガンディ FFX-500

 

まやまブログ

『THERMOS サ-モス 山専ボトル 500ml BGDバーガンディ FFX-500』

のレビューをまとめました。


THERMOS サ-モス 山専ボトル 500ml BGDバーガンディ FFX-500

 

THERMOS サ-モス 山専ボトル 500ml BGDバーガンディ FFX-500

 

レビュー

山のフィールドで要求される多くの条件を想定して作られました。

しっかり握れるボディリングに、衝撃に強い底カバー、

保温力・耐久性を高めた「山専用ボトル」です。

▼ 重さ
280g

▼ 大きさ
7×7×23.5cm

▼ 容量
0.5L

▼ 素材
本体: ステンレス
コップ: ポリプロピレン・エラストマー
中せん: ポリプロピレン
パッキン・ボディリング・ソコカバー: シリコン

▼ 機能・特長

■高い保温力: 秋山・冬山での保温力を優先した、36mmの口径を採用。保温力を長時間キープ。
■ノンスリップコップ: 固さの異なる2素材の組み合わせにより、グリップ性を高めました。底面が広く安定した形状のコップです。
■ダブルスクリューせん: 蜂蜜や砂糖を入れたべたつきやすい高カロリードリンクでもお手入れしやすいシンプルなスクリューせんです。
■ボディリング: グリップ性が高いシリコン製リング。グローブしたままでも扱いやすく、万一倒した場合にもダメージを軽減します。
■軽量設計: 荷物への負担の少ない軽量設計。ボディリングとソコカバーを外せばさらに軽量に。
■底カバー: 落とした時の衝撃をやわらげるシリコン製の底カバー。底部が傷つくのも防止します。

▼ 保温、保冷効力

■保温効果: 6時間(77度以上) 24時間(50度以上) ※開始時95度(室温20度)
■保冷効果: 6時間(10度以下)

▼ 保温効力とは、室温20度において、製品に熱湯を中せん下端まで満たし、縦置きにした状態で湯温が95度±1度のときから中せんとコップを付けて24時間及び6時間放置した場合におけるその湯の温度です。

▼ 保冷効力とは、室温20度において、製品に4度以下の水を中せん下端まで満たし、縦置きにした状態で水温が4度のときから中せんとコップを付けて6時間放置した場合におけるその水の温度です。

▼ 注意事項

※ ドライアイス、炭酸飲料、腐敗しやすいもの(牛乳、果汁)、塩分を多く含んだものは入れないでください
※ 煮沸や食器洗浄機・乾燥機は使用しないでください。

▼ カラー

LMG(ライムグリーン)、BGD(バーガンディー)、BK(ブラック)

 

性能・機能

 

レビュー

・カップスープ麺が食べられるということで購入、さっそく使用してみました。 朝8時に沸騰したお湯を入れ
4時間後にいざ挑戦。 挑戦というほどではないですが家で食べても別にどうってことのないカップ麺が
山の中ではたぶん美味しいはずなので・・ で結果はまあまあいけました。 家で沸騰した湯を入れて作るより
は多少ぬるいです。 残りはコーヒー1杯分。 これも熱々というよりは飲み頃。 いずれにしても手頃に暖かい
食べ物がとれるのは嬉しいことです。 疲れも取れます。 0.5mLはカップ麺1つとコーヒー1杯分です。 1L
あればコーヒーなら5~6杯分くらいでしょうか。 因みに専用ケースで使用しましたが、保温効果は1Lの方が
量が多い分良いかもしれませんね。

・一番最初に購入したのは、同じタイプの900ml。冬山で使用、出かける前に沸騰した湯を入れて6時間後のカップ麺も問題なく、最初の一口は舌がやけどするほどの熱さ最後まで熱々で食べられ最高。そのあとのコーヒーも熱々で最高。
500mlは、冷蔵庫冷やしたお茶を入れベッドの横に置き何時でも冷たいお茶を飲める様にしています、朝まで冷たさが残るほどの保温力は最高。

・8時間は、十分に暑く、カップラーメーンに使用できます。
量としては、カップラーメンと、コーヒーに使用できます。
使用するときは、暑いお湯を入れて、ボトルを温めそのお湯を捨て、再度お湯をいれると暑い状態が長持ちします。
とても暑い夏は、氷を入れて、生ぬるくなったペットボトルの水を入れると、冷たく美味しい。
しかし、登山は軽量も大事な要素となるので・・・難しいところです。
山で食べるカップラーメンとコーヒーは美味しい。買って良かったです。

 

まやまブログ

参考動画は以下のとおりです。

まやまブログ

THERMOS サ-モス 山専ボトル 500ml BGDバーガンディ FFX-500の最安値は以下の『価格.com』より

商品名を入力せずに調べることができます。

登山装備の選び方(トップ2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。