ワードプレス5.0更新したら使いにくいので元に戻す方法・旧クラシックモード(2018年12月7日現在)(追記12月13日)5.01自動更新

ワードプレス5.0更新


※以下のようにワードプレスの追加情報がありましたら、

随時更新しますので「お気に入り」登録していただくと便利です。

【追記】2018年12月13日

・ワードプレス5.0.1自動更新

・[LP]ワードプレス4.9.9自動更新

・ワードプレス5.0.1自動更新で新エディタ「Gutenberg」とは!?(2018年12月13日現在)

初心者

たった今(平成30年12月13日12:25)ワードプレスから

メールアドレスに以下の内容のメールがきました。

WordPress 5.0.1 へのサイト更新が完了しました

サイト (http://〇〇) を WordPress 5.0.1 へ自動更新しました。

何もする必要はありません。

バージョン 5.0.1 について詳しくは「 WordPress について」画面をご覧ください。

http://〇〇 問題が生じたり、

サポートが必要な場合は WordPress.org のサポートフォーラムのボランティアが助けになるでしょう。

最新版が利用できるプラグインまたはテーマもあります。

今すぐ更新してください。

http://〇〇/wp-admin/ WordPress チーム

まやまブログ

開いたときは画面がおかしくなりましたが、

10分程時間が経てば問題なく使えました。

※[LP]WordPress4.9.9へのサイト更新完了もメールアドレスに届きますが

LPページ(ランディングページ)の更新ですので問題ありません。

ただ、以下の理由でワードプレス5.0は利用しないほうがおすすめです。

間違って更新した場合は旧エディタを直して戻す方法を記載しております。

以下の手順でクラシックモードにすることが必要となります。

     

ワードプレス5.0更新したら使いにくいのでクラシックモードに戻す方法(2018年12月7日現在)

ワードプレス更新

 

初心者

ワードプレスを更新したらこのような画面になったのですが、とても使いにくいです。

まやまブログ

2018年12月6日にWordPress 5.0がアップデートされ

日本語対応していなく不具合のように感じるかもしれません。

 

ワードプレス更新2
まやまブログ

Classic Editorで元の編集画面に戻す

①上の画面で「再インストール」をクリックします

 

ワードプレス更新3
まやまブログ

WordPress Gutenbergの使い方が不明なためGutenbergのブロックを使わず

②上の画面で「クラシックエディター設定」をクリックします。

 

ワードプレス更新4
まやまブログ

ワードプレスのブログ(ホームページ)は無料で使えますが、

初心者はログインして更新した際に突然変わっていると使いににくく、

テーマやプラグインにも影響を与えるようです。

③上のプロフィールで「ClassicEditor」にチェックを入れたらようやく直りました。

終わり

まやまブログ

これで元のように編集を行う場合、投稿一覧からClassicEditorクリック

でいつもどおりに更新できます。

 

このサイトのワードプレスのテーマは以下のオープンケージのアルバトロスです。
フラットデザインでブログ作成すると綺麗に利用できますのでおすすめです。

 

※これを読んでもできない場合は以下の動画を参考にしてください

(出典元)【初心者向け】WordPress 5.0 のアップグレードと Classic Editor のインストール・設定方法の解説 

 

ワードプレス5.0の使い方

===== この動画の内容 =====

WordPress 5.0 へのアップグレード方法と、WordPress 5.0 から導入された新エディター「Gutenberg」を使う準備がまだできていない方に向けて、これまでのエディター(旧エディター)を使い続ける方法を解説しています。

Classic Editor プラグインを導入して、新エディターも、旧エディターも、どちらも使える状態を作りましょう。

旧エディターのみ使える状態を作ることもできます。

この動画では Classic Editor プラグインを先に入れたあとに、WordPress 5.0 へのアップグレードを行なっています。

公式サイト「Gutenberg – WordPress」は以下より

Gutenberg

 

ワードプレス5.0がおすすめできない理由

 

 編集画面がわかりにくい英語

 タグ一覧がどこにあるのかわからない

 更新すると新エディタ「Gutenberg」がデフォルト

 グーテンベルグ!?の意味が不明

 操作にとまどい時間がかかるし難しい

 bloceditorなるものに変更いろいろ言われていたけど使いにくい

 テーマおよびプラグインがWordPress 5.0に対応していない

 

事前に必ずやっておくこと(ワードプレスとは)

 

 インストールされるClassic Editorを有効にしておこう

 バックアップを残しておく

 古いコンテンツのメンテナンスができなく可能性がある

 HTMLとして編集がブロックに変換になるので注意が必要

 以前にHTMLで書いている場合は問題が起きる。

 divをいっぱい使っている場合はすべて消されてしまう

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。