ヤフー知恵袋ハイカット登山靴は主流でない?ファストパッキングシューズ?

登山靴


登山靴

登山靴

さてさて、ヤフー知恵袋でのハイカット登山靴についての

質問がありましたので、個人的に回答させていただきます。

ハイカットの登山靴は新しいタイプの靴にとってかわられてきていませんか。
アプローチシューズ(急な岩場登攀用)はローカットだし、
最新のファストパッキングシューズ(軽快な登山に沿う軽量靴)も
ミドルカットかローカットです。
雪の積もった山以外ハイカットの登山靴など使わないのが
今の主流になってきているのではないでしょうか。
 トレランシューズで登山してますが不便を感じたことがありません

 ヒマラヤのポーターは裸足ですからね。

 

 

 

私的には、ハイカットの方がいいです。

トレランをしている人は重くてハイカットなどは履いて

いられないことはごもっともです。

要は初心者やはじめての人の場合は、

ハイカットであると登山での悩みが負担できます。

以下のような点ですね、

 岩場で擦ったときハイカットで良かったと思った。

 ザブザブと渡渉するコースではハイカットの方が浸水しにくい

 小石が入ったりするのが嫌なのと、雨登山でローカットはキツイ

 アプローチシューズで防水のものはいまのとこ出てない

 岩がゴツゴツしている所はハイカットの方が安心感があります。

 

慣れてきたらミドルカットやローカットを選ぶことが必要となります。

個人的にトレランもやりますが転ぶ回数はかなり多くなります。

それゆえ、以下のようなおすすめには注意が必要です。

初心者であればハイカットを選ぶべきです。

ゆるーく山歩きを楽しみたい」という女子には、

本格的な登山靴はちょっとヘビーな感じがするかもしれません。

「ハイキングのあとちょっと食事やショッピングも楽しみたい」

「大事な足は守りつつ、街歩きをしても浮かない」。

選び方のコツもあわせてお教えします!

●ポイント1 街でも快適な軽量タイプを

山では頼れる重厚ブーツも、街では歩行の妨げになることも。

軽量化を図った素材やデザイン、ローカットなどを選択しよう。

●ポイント2 都会的なカラーリングを

単色や同系色使いなど、都会的なカラーリングを選べば、着こなしの幅も広がる。

シンプルコーデのアクセントにも◎

●ポイント3 防水加工なら心強い

山に重きを置くなら防水加工されたモデルを選ぼう。

機能性に優れたトレッキングシューズは、街でもその快適さを発揮。

突然の雨にもたじろかない。

●ポイント4 ソールのグリップ力を確認

トレッキングシューズの基本といえば、

タフなコンディションにも適応するグリップ力。

そのため、ソールは本格仕様が必須だ。

そんな願いを叶えるおしゃれなトレッキングシューズ8選をご紹介しましょう。

おすすめ8選

【モンベル/トレールウォーカー ウィメンズ】

素早い着脱と優れたフィット感を実現するリールアジャストシステムを搭載。

しなやかなスエードレザーは普段着とも相性抜群。

 

1万4900円(モンベル・カスタマー・サービス)

 

【ザ・ノース・フェイス/エンデュラストレイル】

優れたクッション性を維持しながら横ブレの安定感を向上。

速乾性、耐久性、グリップ力も抜群のトレランシューズ。

1万5000円( ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

 

 

【コロンビア/メテオ ミッド オムニテック ニット】

防水透湿性に優れたオムニテック機能により、急な悪天候や足蒸れの心配はなし。

厚みのある足首周りが快適な歩きもサポート。

1万3800円(コロンビアスポーツウェアジャパン)

 

【キーン/ジャスパー】

クライミングシューズをモチーフにした『ジャスパー』は、

今年で10周年を迎える人気モデル。優れたクッション性や、

抗菌防臭加工など機能も◎。

1万1800円(キーン・ジャパン)

 

【バスク/グランドトラバース】

ヒールとアーチに非対象カーブを施すことでフィット感を向上。

普段使いはもちろん、岩場でも対応する機能性とグリップ力で歩行はさらに快適に。

1万7800円(エイアンドエフ)

 

【メレル/カメレオン7 ストーム ゴアテックス】

 

メレルを代表する『カメレオン』シリーズの最新モデル。

軽量で安定性に優れた独自のフレックスプレートを採用。

障害物から足を守り、靴のねじれも防ぐ。

1万5800円(丸紅フットウェア)

 

【キーン/テラドーラ ウォータープルーフ 】

 

女性の骨格を人間工学 に基づいて研究・開発した次世代シューズ。

ローカットなら幅広い着こなしを楽しめる。

ウォータープルーフ仕様。

1万5000円(キーン・ジャパン)

 

【ホカ オネオネ/スピードゴート ミッド ウォータープルーフ】

 

防水アッパーに都会的なデザイン、優れたフィット性や安定感、耐久性が特徴。

厳しい条件のトレイルでも快適な履き心地と動きやすさを発揮する。

2万4000円(デッカーズジャパン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。