雪用手袋選び方おすすめ・TEMRES282-01防寒テムレス黒(2019年最安値口コミレビュー第6回)

雪用手袋テムレスTEMRES282-01黒ブラック


雪用手袋選び方おすすめ・TEMRES282-01防寒テムレス黒(2019年最安値口コミレビュー第6回)

 

まやまブログ

テムレスTEMRES282-01黒ブラック

の最安値は以下の『価格.com』より

商品名を入力せずに調べることができます。

※現状が売切にて商品表示がなされない場合もあります

まやまブログ


以下のツイッター・フェイスブック・LINE@でも
最新の情報配信してますの宜しければご登録お願いします。

フェイスブックtwitterLINE@

参考文献:山と渓谷 2019年 02月号 [雑誌]

トップへ戻る

まやまブログ

さてさて、山ではなく市街地でも

手袋が必要な季節になってきましたね、こんばんわ。

冬山装備のひとつとして

雪用手袋ことオーバーグローブがあります。

今回は『オーバーグローブ』についての話題を書きます。

初心者

夏山用のレイングローブで

代用が可能かどうかを教えてもらえませんか?

まやまブログ

夏山に行かれる登山者は雨の時などに使う

レイングローブはお持ちかもしれませんが、

正直、雪山では寒さに耐えられません。

日本でも八ヶ岳などの特に寒く山頂では凍傷になる危険も伴います。

ですので、レイングローブでの代用はおすすめできません。

初心者

雪山はとっても寒そうですものね。

スノーグローブの特徴について教えてください。

 

スノーグローブ・冬手袋の形状

 

まやまブログ

スノーグローブには多くの種類があるため

初心者は何を買ったらよいかおそらくわからないと思います。

そのため、難しいことは避けて簡単にイメージできるように書きたいと思います。

まずは、形状を知っておくべきです。

・二本指(ミトン)

例:マムートサーモミトン

・三本指(ロブスター)

・五本指(グローブ)

となります。

形状については、初心者は

五本指(グローブ)

で問題かと思われます。

まやまブログ

次に、一体型かセパレート型かになります。

 

一体型のメリット・デメリット

 

まやまブログ

一体型とはアウターグローブとインナーグローブとが

セットになっていて取り外しがきかないタイプです。

メリットとしては、

・付けるときが楽

デメリットとしては

・取り外しができない

・乾きにくい

このデメリットは重要で

例えば、カメラを操作するときなどは素手になるので不便です。

また、山で泊まりになる場合はとても乾きにくいです。

 

セパレート型のメリット・デメリット

 

まやまブログ

セパレート型とはアウターグローブとインナーグローブとが

セットになっておらず取り外しがきくタイプです。

メリットとしては、

・乾きやすい

・温度調整ができる

デメリットとしては、

・付けるときが手間

僕なら初心者は、サイズが若干大きめのセパレート型を買い

寒さに慣れるまではインナーグローブを2重にするなどがおすすめです。

また冬場でも日が差し暑いときもありますので、セパレート型ですと

アウターのみ、インナーのみ利用することも可能です。

また、リストストラップ、ドローコードカフクロージャーもあることも大切ですね。

初心者

そうするとセパレート型のほうが便利かもしれませんね。

それ以外に選ぶポイントはありますか?

 

袖口(カフ)の長さ

 

まやまブログ

もうひとつポイントがありますね。

袖口のことをカフといいます。

その袖口の長さが大切で

一般的に雪の侵入を長い方が防ぎやすいので

初心者は短め以外の中間、長めを選ぶべきです。

初心者

雪山でもスマホで写真は撮れますか?

まやまブログ

最近はスマホを利用する人は多いです。

ただし、スノーグローブを外すので

強風な時や稜線では指先の冷えにつながりにますので

取り外しには注意には必要です。

冬山ではタッチペンをスマホカバーにゴムで落ちないように

着けて使っている人もいます。

操作は確かにしづらいみたいですが、

冷え性にはおすすめです。

まだ、周りではそのように使っている人はほぼいませんが。

そのため、天気の良いとき登山道でスマートフォンで

写真を撮りたい場合はインナーにもう1枚薄手の

タッチスクリーン対応手袋を用いるのが良いと思いますね。

 

インナーグローブ・手袋・防水・メンズ・レディース

 

初心者

雪山でのインナー手袋のおすすめはありますか?

まやまブログ

冬用アウトドア手袋のスマホ対応の

クリマバリアグローブ モンベル

カリマーPSPグローブ2

イグジットセンサーグローブ

などがあります。

初心者

ここのところ冷え込んでますので

日常使いの外出時にも使えそうです。

まやまブログ

手ごろな価格で良い製品が多いのもおすすめです。

特徴としては風を防いで温かいフリースの素材の仕様です。

登山時にスマホで写真を撮るときに重宝しそうです。

個人的にはフラッドラッシュEXPグローブを愛用しているのですが

タッチパネルでスマホを操作できる製品がないのが

現状のため少しストレスが溜まります。

初心者

女の子としては可愛いほうがいいです♪

見た目も大事ですから。

まやまブログ

女性用はブラウン系とレッド系があるようです。

袖口のカフも長くて、よく破れてします部分には

山羊革で補強されているので

ピッケルを使うときに滑らないし耐久性があるから

良い商品だと思いますよ。

初心者

でも雪山では濡れてしまわないですか?

まやまブログ

表面は撥水加工もしてあるという記載がありますので

モンベル製品ならかなり信頼がおけますので

登山用を考えて作られているので大丈夫です。

 

まとめ(スノーグローブ)

 

まやまブログ

このようにスノーグローブは

 
 
・形状は五本指

・セパレート型

・袖口(カフ)は中、長め
 
 

がおすすめとなります。

スノーグローブの選び方は快適さに直接影響するので

慎重に選ぶことが必要です。

長くなりましたが、

今回は第6回として「スノーグローブ」について

僕なりの意見を書いてみました。

同じ山岳救助隊員のなかでも僕と意見は異なる人もいますし、

同じ意見の人ももちろんいます。

是非、これから初心者にも雪山の楽しみをしってもらいたいです。

山岳救助隊がおすすめするスノーグローブの商品は以下となります。
 
 
ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ソロイスト BD73032
参考動画は以下より
 
 


 

ブラックダイヤモンドBlack DiamondソロイストBD73032

 

まやまブログ

『ブラックダイヤモンドソロイスト』

のレビューをまとめました。


ブラックダイヤモンドソロイスト

 

ブラックダイヤモンドBlack DiamondソロイストBD73032

 

保温性と通気性を重視した、

冬期登山/アルパインクライミングに最適なアッセントシリーズ。

使用温度域:-26/-9℃

重量:235g(サイズM 1ペア)

サイズ(メンズ・ユニセックス):

XS=18.4~19.7cm

S=19.7~21cm

M=21.5~23cm

L=23~24cm

XL=24~25.4cm

【計測方法】

利き手の甲部周囲の長さ、

もしくは手の平の付け根から中指先端までの長さを計測し、

いずれか大きい数値を選びます。

 

サイズの選択

 

レビュー

・サイズが不安でしたがメーカーの目安で購入して問題ありません

・手の長さが20cmでSサイズを購入、インナー手袋をすると圧迫感を感じます。

・21.5cm前後とギリギリMサイズなため、場合によってはLサイズもありかと思ってましたが、Lが無くMとSを履き比べました。
参考までに当方の親指の一番太い部分の周囲は約7.2cm、長さは指を閉じて人差し指との間に定規を挟み込んで、指股に軽く定規が当たる状態で5.5cm。
人差し指は同条件で計測し、周囲が6.7cm、長さは定規を中指の間に挟んで7.2cm、そのまま中指の長さも見たところ8.2cmでした。
結果Lサイズは必要なし。

 

防寒・性能

 

レビュー

・非常にあたたかい

・関東の早朝(5時ぐらい)程度では微動だにしませんね。オーバースペックです。

・更に中にサーモ系の手袋をすればOK

・雪山でインナーなしで-15℃程度で使用できます。

・行動中は指先が冷たくなるようなことはありませんでした。

・インナーを付ければ-25℃程度でも問題ないと思います。

 

使い心地・性能

 

レビュー

・防寒、強度、すべて完璧です。冬季山岳など問題なく使えると思います❗

・ストックやピッケルもしっかり掴めます

・ザックのバックルも手袋をしたままでも留められました。

・唯一気になるといえば、手袋自体の大きさが普通の手袋よりも大きいことですね

・しっかりとした丈夫な作りですが、指はしっかり動かせます。

・指が引っかかることなく装着できる作りの良さを感じます。

まやまブログ

ブラックダイヤモンドソロイスト

の最安値は以下の『価格.com』より

商品名を入力せずに調べることができます。


 
 
登山装備の選び方(トップ2)
 
 

以下追記(2019年2月10日)

 

ショーワグローブ(Showaglove) TEMRES 282-01 防寒テムレス 黒

 

TEMRES 282-01
まやまブログ

2018年12月上旬に防寒テムレスの

黒(ブラックカラー)が発売されました。

 

サイズの選択

 

レビュー

・サイズが小さいためMを利用であればLの選択が良い。

・ワンサイズ上を選ばれたほうが良いです。

 

防寒・性能

 

レビュー

・透湿性と防水性を兼ね備えたポリウレタンをコーティング。

・汗などの湿気を手袋外部に放出することで、ムレを軽減します。

・ゴアテックスの様に発汗による蒸れを外部に逃がしてくれるのです。

・ゴアテックス以上に素材がポリウレタンの為、完全防水。

・裏起毛が付いて暖かい。

 

販売について

 

レビュー

・冬山登山の海外アルピニストからも着用している絶大な人気。

・ゴム手袋なので値段が安価。

・ホームセンターや作業服専門店では販売していない。

・登山用品店やアウトドアショップのみの販売。


防寒テムレス(最新入荷情報2019年2月現在)

まやまブログ

テムレスTEMRES282-01黒ブラック

の最安値は以下の『価格.com』より

商品名を入力せずに調べることができます。

※現状が売切にて商品表示がなされない場合もあります

まやまブログ
 
※Amazonでは入荷がないため高値となってます
 

ショーワグローブ(Showaglove) TEMRES 282-01 防寒テムレス 黒 ブラック L

まやまブログ
 
※楽天でも青282は在庫があってもMサイズは売り切れのようです
 


手袋 作業用 《ショーワ》282 防寒テムレス
まやまブログ

山岳救助の際にも利用する青テムレスの参考動画は以下より

まやまブログ


以下のツイッター・フェイスブック・LINE@でも
最新の情報配信してますの宜しければご登録お願いします。

フェイスブックtwitterLINE@

参考文献:山と渓谷 2019年 02月号 [雑誌]

トップへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。