ピッケル選び方使い方長さおすすめ(2019年最安値口コミレビュー第3回)

おすすめ登山ピッケル


第3回(2019年おすすめピッケル)

まやまブログ

さてさて、

ピッケルについてはまだまだ使いこなせてぼくですが

初心者が最初に購入するならというテーマで話させていただきます。

今回は『ピッケル』について記載させていただきます。

 

ピッケルの使い方・長さについて

 

初心者

ピッケルはまだ使ったことありませんが、

いろいろ教えてもらえませんか?

まやまブログ

了解致しました。

いろいろ選択するに大切なことがありますよ。

まず、長さについては

先端がくるぶしの高さが目安とよく言われますが

初心者の場合はバランスを取るために使うことを考慮すると

くるぶしより少し長いほうが安定します。

また、登る山にもよりますが、

雪が深い場合はピッケルよりダブルストックのほうが

バランスも取れ歩くのに楽なのですが、

やはり、ピッケルに慣れるためにも

雪山ではピッケルのみを常時利用することをおすすめします。

ちなみにぼくは平坦な場所でも

ザックにしまうことせず、下山まで常に片手に携帯してます。

 

ピッケルの重さと形状について

 

まやまブログ

重さと形状についてですが

初心者は重さよりも形状の持ちやすさを念頭にすべきです。

個人差にもよりますが、

ピッケルの重さは片手に持つ分には慣れてくればさほど気になりません。

(ザックにしまう派は重さを気にしたほうがいいのかもしれませんが)

形状はやはりバランスを取ることが重要ですので、

握ってみて歩いてみて杖のように使えるなぁという

感覚が初心者にはちょうど良いと思います。

 

ピッケルの使い方・リーシュ・ホルダー・カバー

 

初心者

使いかたがイマイチわかりません。

また、技術も難しそうですね。

まやまブログ

肩掛けなどのタイプもありますが、

無理にリーシュ肩掛けタイプでもなくても問題ありません。

肩掛けしたほうが楽な人にはおすすめします。

覚える技術としては

右手と左手のどちらでも使えるようにすることは重要です。

それもザックにしまう派ですとなかなか上達しませんので

雪山では常に山側を意識して右手で左手で持ちかえる

練習することが大事です。

最後に常に携帯すべきと書きましたが

アックスプロテクターとスパイクプロテクターは

(ピッケルの先端カバーのこと)は必要です。

山小屋や登山以外の移動時などは他の人に

危険ですので必ずセットでそろえましょう。

 

ピッケルまとめ・おすすめ・グリベル

 

まやまブログ
このようにピッケルは

ストレートタイプの少し長めで持ちやすいタイプを

選ぶことが必要となります。

長くなりましたが、

今回は第3回として「ピッケル」について

僕なりの意見を書いてみました。

同じ山岳救助隊員のなかでも僕と意見は異なる人もいますし、

同じ意見の人ももちろんいます。

是非、これから初心者にも雪山の楽しみをしってもらいたいです。

まやまブログ

長くなりましたが、

今回は第3回として『ピッケル』について

僕なりの意見を書いてみました。

同じ山岳救助隊員のなかでも僕と意見は異なる人もいますし、

同じ意見の人ももちろんいます。

是非、これから初心者にも雪山の楽しみをしってもらいたいです。

山岳救助隊がおすすめするピッケルの商品は
 
 
GRIVEL(グリベル) エアーテックエボリューションT
の参考動画は以下より
 
 


GRIVEL グリベル エアーテックエヴォリューションT GV-PIATE

 

まやまブログ

『GRIVEL グリベル エアーテックエヴォリューションT GV-PIATE』

のレビューをまとめました。


GRIVEL グリベル エアーテックエヴォリューションT GV-PIATE

 

GRIVELグリベル登山ピッケルとは

 

GRIVEL グリベル 登山ピッケル スノーアイスアックス

エアーテックエヴォリューションT GV-PIATEGV-PIATE

エアーテックエヴォリューションTGボーンシャフトは

肉厚のT(テクニカル)バージョン。

シャフトの曲がりに強い。ヘッドカバー付き。

サイズ/シャフト長48、53、58、66(cm)

重量/490g(53cm)

 

サイズの選択

 

レビュー

・当方身長は167cmで、53cmを選択しました。くるぶし上5〜6cmぐらいです。

 

使い心地・性能

 

レビュー

・リーシュは付属していないので購入時に確認が必要です。

・思ったとおりのグリベル独特の質感で大変満足

・ピックの頑丈さ、シャフトとの結合強さ、シャフトそのものの強靱さ、全体的な形状、素材と軽さ、色・デザインなどを主眼として検討したうえで、こちらの商品を選択しました。

・湾曲タイプより真っ直ぐの方が縦走には良いです。

まやまブログ

GRIVEL グリベル エアーテックエヴォリューションT GV-PIATE

の最安値は以下の『価格.com』より

商品名を入力せずに調べることができます。


 
登山装備の選び方(トップ2)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。