北海道利尻島のクマが本島に戻った可能性高いニュースについて

bear


アルプスの高天原で初クマ遭遇にて

なぜだかクマのほうに逃げられたぼくちんです、こんばんわ。

さてさて、106年ぶりにクマが上陸した利尻島とのことですが、

106年前っていつの話だかわかります?

現在、2018年ですから

2018-106=???

1912年ですよ!

今が平成ですから

昭和

大正の

明治45年ですよ!

3ヵ月以上痕跡が見つかっていないことについて、

専門家は「北海道本島に戻った可能性が高い」

との認識を示しました。

はぁ?

って感じですよね!

・・・

・・・

・・・

なんなら、山岳救助隊がアルプスの高天原で初クマ遭遇にて逃げられた的な

ぼくちんの話題のほうが

ニュースになっちゃいません?

話を戻すと、

31日開かれた会議には、

クマの生態に詳しい道立総合研究機構の間野勉博士や地元自治体が参加しました。

間野勉博士は「利尻島への上陸の目的はメスの探索。

メスがいない時点で、北海道本島に戻った可能性が高いのではないか」

と話しました。

はぁ?

・・・

・・・

・・・

なになに?

オスの熊が海を渡って利尻島まで行き

メス熊がいなかったので北海道本島に戻ったってことですか?

・・・

・・・

・・・

間野博士らは31日朝、利尻島の山林を回り、

島の環境がクマの生育に適しているか、調査を行いました。

利尻島では5月から7月までに30ヵ所でクマの痕跡が見つかりましたが、

その後3ヵ月以上途絶えていて、会議では今後の対策が見直されます。

・・・

・・・

・・・

もう会議とか今後の対策とか必要無いんじゃないの、コノヤロー!

PS.以下のURLに動画に出てくる間野博士とやらに激しく会いたいです

【出典元】<北海道>利尻島のクマ「北海道本島に戻った可能性高い」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000004-htbv-hok

LINE@登録 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です