Youはどこから富士山に?多言語ごみ袋が効果、外国人登山者に配布

富士山ごみ


平成30年10月28日(日)

2018年ワールドカップでは日本人選手やサポーターたちが

去り際に行ったゴミ拾いや清掃が「日本の美徳」として

世界各国で報道されましたのが記憶に新しいですよね。

さて、静岡県は外国人登山者に対して今夏、

「富士山のごみ持ち帰りマナー向上キャンペーン」を実施し、

8月中旬の10日間でごみの持ち帰りを促す内容を多言語で

記したごみ袋計約1万6000枚を外国人登山者に配布した。

外国人登山者からは「ごみを持ち帰る文化を初めて知った」

などの反応があり、県は「ごみ減少に効果があった」

として来夏もキャンペーンを続けたい意向だ。

このように、2020年東京五輪でもゴミ問題については

東日本大震災で助け合った日本人ならでは

協力により上手くいくのではないでしょうか。

【出典元】<静岡>多言語ごみ袋が効果 富士登山者に配布
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000024-mai-env

LINE@登録 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です