YAMAP(ヤマップ)・圏外でも使えるスマートフォン無料地図アプリがあればGPS専用機が不要となるか?

YAMAP


山登りを楽しむ人が増えていますが、

一方で高齢者を中心に遭難事故があとを絶たず、

社会問題にもなっています。

事故を防いで楽しい登山を

こんな思いをかなえるツールとして人気が高まっているのが、

スマートフォンで無料で使える地図アプリです。

「YAMAP(ヤマップ)」と名付けられたこのサービス、

携帯電話の電波が届かない場所でもGPSの電波を受信して現在地を確認できます。

登山専用GPSは登山中、正確に自分の居場所を把握する事はとても大切なのですが、

でもガーミンなどの専用機は乾電池(予備も必要)が必要で本体自体もやや荷物となります。

個人的には、GPS専用機を胸側のザックのショルダーベルトに

取りつけて常に電源を入れたまま利用しています。

反面、携帯電話はザックの雨蓋部に電池節約のため

電源をオフにしたままモバイルバッテリーとともにしまってあります。

それゆえ、YAMAPがかなり使えるのであれば

YAMAPを胸側のザックのショルダーベルトに

取りつけて常に電源を入れたまま利用すると携帯で写真撮影したりとか便利そうです。

GPS専用機、乾電池(予備電池含めて)をいっそのこと所持リストから外す

という選択肢も検討の余地がありそうです。軽量化は登山で大切な要素ですからね。

しばらく併用して利用してみて、また、記事で感想を公開できたら幸いです。

以上、読んでいただきまして有難う御座います。

記事掲載の励みになりますのでポチッとお願い致します♪

【出典元】圏外でもOK! 無料で使える登山の“命綱”
https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2018_0301.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です